辰野金吾

2.歴史的建築物の観光

「東京駅丸の内駅舎」の建築の歴史を知れば、駅の観光を何倍も楽しめる

東京駅の顔であり、今や観光スポットとなっている丸の内駅舎は、1914年に創建されました。 一度、東京大空襲で被害に遭いましたが、その後の戦災復興工事が1945~1947年に行われました。 その60年後、創建当時の姿に戻すための保存・復原工事が2007~2012年に行われ、現在は創建当時の姿に復原されています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました