1.現代建築物の観光

1.現代建築物の観光

「五島美術館」は神聖な庭園も見どころ

1960年4月18日に東京都世田谷区上野毛(かみのげ)に開館された「五島美術館」は、仏様が多数並べられた神聖で静寂な広い庭園を持ち、林の中の落ち着いた美術館、といった佇まいをしています。 今回はそんな五島美術館の建築と、庭園を紹介します。
1.現代建築物の観光

「東京ビッグサイト」は日本を代表するシンボルのひとつ

毎年10万人以上を動員するイベントが行われ、日本最大規模の東京国際展示場は、運営会社名である「東京ビッグサイト」の愛称で親しまれており、その中の会議棟はとくに日本を代表するシンボルのひとつとなっています。 今回はそんな東京ビッグサイトの建築を紹介します。
1.現代建築物の観光

「川崎市市民ミュージアム」のメタリックな外観と開放的な内観

川崎市にある、博物館と美術館の複合文化施設「川崎市市民ミュージアム」は、川崎市の歴史や美術などを資料を使って紹介・展示しており、川崎市の事を知るならココ!と言える施設です。 設計は菊竹清訓であり、江戸東京博物館やスカイハウスなどを手がけています。 今回はそんな川崎市市民ミュージアムの建築を紹介します。
スポンサーリンク
1.現代建築物の観光

「刀剣博物館」は硬さと柔らかさが共存する博物館

池泉が美しい回遊式の庭園が残る旧安田庭園に建つ「刀剣博物館」は、厳格そうな施設名ながらも気軽に訪れる事が出来る博物館です。 博物館の設計は、テレビ朝日、幕張メッセなどを手がけた名のある建築家・槇文彦です。 今回はそんな刀剣博物館の建築を紹介します。
1.現代建築物の観光

「すみだ北斎美術館」は建築物も見どころ

葛飾北斎が生涯のほとんどを過ごした墨田区に建てられた「すみだ北斎美術館」は、北斎を区民の誇りとして功績をたたえ、北斎のコレクションを保存・展示、そして研究・教育がされ、周辺地域の産業や観光に貢献して、地域活性化のため設立された美術館です。 今回はそんな、すみだ北斎美術館の建築を紹介します。
1.現代建築物の観光

「ラ チッタ デッラ」は川崎に訪れた人を別世界に引き込む

川崎駅の東口近くに位置する複合商業施設の「ラ チッタ デッラ」は、周辺の商業地区とはガラリと変化した世界観のある施設です。 今回はそんなラ チッタ デッラの意味や由来、風景を紹介します。
1.現代建築物の観光

「葛西臨海水族園」の建築は訪れた人を自然界に引き込む

1989年の開園以来、累計で5500万人以上が来園(2020年5月現在)した「葛西臨海水族園」は、600種を超える世界中の海の魚類が展示された、人気の水族園です。 水族園のテーマは海と人の交流の場。そのテーマの通り、海の生き物と交流出来る場となります。 今回はそんな葛西臨海水族園を紹介します。
1.現代建築物の観光

「せんだいメディアテーク」の建築構造とデザインの魅力

仙台市民に愛される公共施設「せんだいメディアテーク」は、美術や映像文化の活動拠点として、どんな人でも様々なメディアを通じて、自由に情報のやりとりを行う施設となっています。 今回はそんな、せんだいメディアテークを紹介します。
1.現代建築物の観光

「東京カテドラル聖マリア大聖堂」は不思議と精神が落ち着く建築

文京区にある複雑な形状をした教会「東京カテドラル聖マリア大聖堂」は荘厳な大空間を持ち、訪れた人の心を落ち着かせます。 設計は、東京都庁やフジテレビ本社ビルなどを手がけた、丹下健三です。 今回はそんな、東京カテドラル聖マリア大聖堂を紹介します。
1.現代建築物の観光

東京大学の「情報学環・福武ホール」は東大生じゃなくても一見する価値のある建物

東京大学の本郷キャンパス内に作られた「情報学環・福武ホール」は、東京大学創立130周年を記念して計画され、2008年3月26日に竣工しました。この福武ホールは、本郷キャンパスの入口である赤門のすぐ近くに位置します。 今回はそんな、東京大学にある情報学環境・福武ホールを紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました