2020-04

8.マインクラフト再現

「国立西洋美術館」をマインクラフトで再現

日本を代表する美術館といえば、2016年に世界遺産に登録された「国立西洋美術館」。上野公園にどっしりと構え、灰色の落ち着いた雰囲気を出しています。 国立西洋美術館の設計者と言えばル・コルビュジエですが、そんな巨匠が日本に唯一残したこの建物をマインクラフトで再現しました。
2.歴史的建築物の観光

「旧新橋停車場」の威厳のある建物と、鉄道発祥の歴史

新橋のビジネス街に佇む西洋建築の「旧新橋停車場」は、1872年10月14日に開業した日本最初の鉄道ターミナル新橋停車場の駅舎の外観を、当時と同じ位置に再現した建築物です。 今回は、鉄道の発祥であり、威厳のある建物である旧新橋停車場紹介します。
1.現代建築物の観光

「世田谷美術館」は病んだ心が健康になるよう設計された

砧公園の一角に位置する「世田谷美術館」は、レストラン、カフェ、ミュージアムショップなどの施設を備えており、1986年3月30日に開館しました。 世田谷区には著名な芸術家が多く、その人たちの作品を展示しています。 設計を手がけたのは内井昭蔵です。公園の自然環境を生かしたデザインとしています。
8.マインクラフト再現

安藤忠雄の建築「光の教会」「住吉の長屋」をマインクラフトで再現

建築家・安藤忠雄の代表作である「光の教会」と「住吉の長屋」。「光の教会」は、キリスト教プロテスタント系の教会となり、正式名称は茨木春日丘教会です。主に、信者の礼拝や葬式などを執り行う教会です。「住吉の長屋」は、鉄筋コンクリート造の小住宅で...
1.現代建築物の観光

「光の教会」は安藤忠雄の強いこだわりによって作られた

大阪府茨木市にある「光の教会」は、キリスト教プロテスタント系の教会となり、正式名称は茨木春日丘教会です。主に、信者の礼拝や葬式などを執り行う教会です。 今回はそんな光の教会を、美術館に再現された教会の画像を使って、紹介したいと思います。
1.現代建築物の観光

「静岡新聞東京支社」は樹木のような不思議な形をしたビル

新橋には「静岡新聞東京支社」という、まるで樹木のような茶色い不思議な形をしたビルが建っています。 静岡新聞東京支社のビルは、どんな建物なのか、そしてなぜ、こんな形になったのかを紹介いたします。
2.歴史的建築物の観光

「東京駅丸の内駅舎」の建築の歴史を知れば、駅の観光を何倍も楽しめる

東京駅の顔であり、今や観光スポットとなっている丸の内駅舎は、1914年に創建されました。 一度、東京大空襲で被害に遭いましたが、その後の戦災復興工事が1945~1947年に行われました。 その60年後、創建当時の姿に戻すための保存・復原工事が2007~2012年に行われ、現在は創建当時の姿に復原されています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました