丹下健三

01.現代建築

「東京カテドラル聖マリア大聖堂」は不思議と精神が落ち着く建築

文京区にある複雑な形状をした教会「東京カテドラル聖マリア大聖堂」は荘厳な大空間を持ち、訪れた人の心を落ち着かせます。 この教会は、1964年12月に竣工され、また、2006~2007年に改修工事も行われています。設計は、東京都庁やフ...
01.現代建築

「静岡新聞東京支社」は樹木のような不思議な形をしたビル

新橋には「静岡新聞東京支社」という、まるで樹木のような茶色い不思議な形をしたビルが建っています。 このビルは1967年に竣工され、設計は、東京都庁や国立代々木競技場、横浜美術館などを手がけた、丹下健三が設計しました。 静岡新聞...
01.現代建築

「横浜美術館」は老若男女が楽しめる芸術的な建物

1989年11月3日に開館した、横浜みなとみらいに建つ「横浜美術館」は、見た目が芸術的な美術館であり、そして、老若男女の誰もが楽しめる美術館となっています。 設計者は、東京都庁や国立代々木競技場、フジテレビ本社ビルなどでおなじみ、丹...
07.芸術・美術展示会

「岡本太郎」の作品は芸術を爆発させていたが、有名建築家の怒りも爆発させていた

日本を代表する芸術家「岡本太郎」。大阪万博のシンボルとなった「太陽の塔」や、渋谷駅の壁画となっている「明日の神話」など、数々の有名作品を残しています。「芸術は爆発だ」のフレーズも有名ですね。そんな岡本太郎ですが、丹下健三や坂倉準三などの有...
タイトルとURLをコピーしました