日本の城

2.歴史的建築物の観光

「仙台城跡」の観光が楽しくなる3つの見どころ

伊達政宗が治めていた62万石の居城「仙台城」は、関ヶ原の戦いの後、1601年に築城されました。 現在では、本丸があった場所に仙台城跡として、石垣や礎石などが残されています。 今回は仙台城跡の3つの見どころを紹介します。 その3つとは「北壁石垣」「大広間跡」「伊達政宗騎馬像」となります。
2.歴史的建築物の観光

「小田原城」はこれさえ知れば観光をもっと楽しめる【本丸編】

小田原市内の高台に位置する観光名所「小田原城」は、難攻不落な城と言われているだけあり、本丸へ行くまでに待ち構える数々の門や、敵を攻め込みにくくするよう、曲がり角を多くするなど、城攻め対策が施された城となります。 本丸編では小田原城のメインである本丸と天守閣について紹介します。
2.歴史的建築物の観光

「小田原城」はこれさえ知れば観光をもっと楽しめる【二の丸編】

小田原市内の高台に位置する観光名所「小田原城」は、15世紀の中頃に建てられました。 この城は北条氏の居城というイメージがありますが、元々は大森氏が築いたそうです。 北条氏の居城になったのは1500年頃であり、小田原城を拠点に関東一帯を支配していきました。
2.歴史的建築物の観光

「松本城」を観光すると敵兵を追い返す仕掛けがやばい

戦国時代、当時の戦乱の世の中を生き抜くため、城には様々な仕掛けを施して応戦をしていました。 今回は、国宝「松本城」に仕掛けられた罠を紹介していきます。 この記事を見て頂くと、いかに戦乱の世を渡るのが大変な事だったのか、改めて実感せざるをえません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました