「光の教会」は安藤忠雄の強いこだわりによって作られた

スポンサーリンク
1.現代建築物の観光

大阪府茨木市にある「光の教会」は、キリスト教プロテスタント系の教会となり、正式名称は茨木春日丘教会です。主に、信者の礼拝や葬式などを執り行う教会です。

光の教会は、表参道ヒルズや渋谷駅、上野毛駅などを手がけた安藤忠雄が設計しました。この教会には安藤忠雄の強いこだわりが詰まっています。2017年には国立新美術館にて安藤忠雄展が開催され、原寸大の光の教会が再現されました。

今回はそんな光の教会を、美術館に再現された教会の画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

素材にこだわった荘厳な教会

大阪にある光の教会(茨木春日丘教会)は、1989年に竣工され、総工費は3500万円となります。

18×6×6mの直方体の箱に、斜めに貫くように壁が配置され、その壁によって開かれ、礼拝堂の入口となっています。礼拝堂に入ると、十字型に開けられた壁が出現し、緊張感のある荘厳な空間が現れます。

コンクリートで囲まれた暗く静寂な空間の中に十字型の光が入り込み、その姿が実に美しく映えます。

床や、礼拝堂に置かれた椅子は、作業現場に使われる足場板にオイルステインで黒く塗装され、入ってきた光によってより荘厳な雰囲気を出しています。
なぜ足場板を用いられたかというと、荒々しい素材を使うことによって光をにじませることで、より荘厳さが増すからです。

差し込んだ光が足場板の床に落ちている様子です。荒々しく光り、荘厳な空間を作り出しています。

礼拝堂の横が出入口となっています。出入口から光が差し込む光もまた、美しく映えます。

スポンサーリンク

国立新美術館にて実物大に再現された

2017年に国立新美術館にて安藤忠雄展が開かれ、光の教会が再現されました。

大阪の光の教会(茨木春日丘教会)では、十字架部分にガラスが取り付けられていますが、美術館に再現された光の教会にはガラスは付けられていません。
ガラスを付けない方が、光が直接入り、緊張感のある雰囲気を作り出すという考えから、大阪の光の教会でも十字架部分にガラスを取り付けない予定だったそうです。
しかし建築主からは、雨が入り、冬が寒くなるため抵抗されました。そんな室内環境の関係から、やむなく取り付ける事になりました。

しかし、美術館で再現された光の教会ではガラスを取り付けずに再現され、見事、安藤忠雄が理想としていた教会の姿となりました。
実際に中に入ったところ、季節が秋頃だったこともあり、やはり寒かったですが。。

また大阪の光の教会では、元々少ない予算のもと作る計画でした。
しかし、十字架は壁の上下左右に、壁の一番端の部分まで切込みを入れており、上部の重いコンクリート壁は、天井からぶら下がっている状態になっているため、それを支えるべく鉄筋の量は増大しました。

建設会社は鉄筋量を減らすため、光の十字架の腕部分を短くする提案を安藤にしました。しかし安藤は譲らず、建設会社はコストダウンを他の部分で行ったそうです。
安藤の中では、壁の両端部まで切れ込んでいるべきだと考えていました。

確かに十字架の腕を短くした場合、十字架自身の存在感が小さくなり、このような緊張感のある荘厳な空間になることは無かったでしょう。
十字架から入る光が壁にも当たり、十字架の存在感を大きくしています。

安藤はこのような空間にする意図を、建築主や施工主などに粘り強く交渉し、その熱意によって光の教会は完成しました。

スポンサーリンク

茨木春日丘教会 建築概要

国立新美術館に再現されたのは礼拝堂のみですが、大阪の光の教会(茨木春日丘教会)は礼拝堂の他、日曜学校、牧師館もあります。
以下の建築概要は、礼拝堂部分となります。

設計安藤忠雄、水谷孝明 安藤忠雄建築研究所
施工竜己建設、一柳幸男
工期1988年5月~1989年4月
延床面積113.045㎡
階数地上1階
構造鉄筋コンクリート造
スポンサーリンク

茨木春日丘教会 アクセス

住所大阪府茨木市春日丘4-3-50
アクセス大阪モノレール彩都線 阪大病院前駅 徒歩11分


参考元:

Нет - 大阪建築 –
カーサ ブルータス Casa BRUTUS

コメント

タイトルとURLをコピーしました