「世田谷美術館」は病んだ心が健康になるような設計

01.現代建築

砧公園の一角に位置する「世田谷美術館」は、レストラン、カフェ、ミュージアムショップなどの施設を備えており、1986年3月30日に開館しました。
世田谷区には著名な芸術家が多く、その人たちの作品を展示しています。

設計を手がけたのは内井昭蔵氏。公園の自然環境を生かしたデザインとしています。

今回はそんな自然豊かな世田谷美術館を紹介します。

公園の自然に溶け込む建物

この美術館の設計コンセプトは公園美術館。公園でしか出来ない形態を追求したそうです。また、芸術は心の健康を維持するものという考え方が持たれ、美術館は作られました。

建物を公園内の木より高くならないようにし、自然を壊さないよう溶け込むように計画されています。

世田谷美術館の外観

設計者である内井昭蔵氏は、健康な建築という思想のもと、自然と共存し、人々の健康を大切にしながら、設計に取り組んでいます。
日本のみならず海外でも高い評価を得た、桜台コートビレジや国際日本文化研究センター、大分市美術館など、自然の中の一角に位置した作品を多く手がけています。世田谷美術館も例外ではありません。

こちらは世田谷美術館の全体模型。砧公園の自然の中に立地している美術館です。

静寂な遺跡のような外観

竣工当時、屋根は緑色だったそうです。緑青銅板を使っており、経年劣化によって緑青が剥がれ、現在の赤色屋根に変化しました。

建物が大きな塊になることを避けるため、いくつかに分割され、渡り廊下でつないでいます。そうすることで、より自然と触れあえるようにしています。

外壁に、ショットブラストが施された穴あきタイルが使われています。ショットブラストとは、細かい砂や鋼製、鋳鉄製の小球(ショット)などを表面に打ち当てて細かな凹みを作り、味のある仕上にする加工法です。

外壁の下部分は花崗岩が使われており、縦目地を入れて、前後にずらして貼っています。

上部分の穴あきタイルと、下部分の花崗岩タイル共に、外壁に凹凸を付けて変化を持たせて陰影を付けることで、人工的な感じをなるべく無くしているように見えます。

また、逆三角形の構造体が使われているパーゴラは、建物と公園との中間にあり、公園から建物へ違和感なく接続されています。

世田谷美術館の入口近くのパーゴラ

全体的にアール・デコを思い起こさせる幾何学模様のデザインを施しており、まるで遺跡のような外観です。公園の自然と相まって、より静寂な雰囲気を形成しています。

開放的なロビー

入口を入ると、以下のような開放的なロビーになります。
ロビーの天井は、ヴォールト天井といわれる、アーチ型の天井となっています。

柱が無く、天井がアーチ型のため、開放的で大空間なロビーが形成されています。更に、天井の証明に煌々と照らされ、まるで晴れた空の下にいるような感覚になります。

また、ロビーの階段はトラバーチンという石材が使われています。トラバーチンとは、温泉、鉱泉、地下水中で生じた石灰質の化学沈殿岩であり、壁、床、天井などによく使われる石材です。

世田谷美術館のロビー

壁に貼られたドアのような木材プレートのデザインと、階段のデザインが相まって、西洋的で神聖な空間を作り出しています。

また、建物外部のパーゴラに用いられた逆三角形の装飾ですが、建物内部にも装飾が所々に施されています。

世田谷美術館の展示室入口

この遺跡にありそうな逆三角形の装飾のせいか、歩いていると重要な空間へと導かれるような感覚になります。

水の音が心地よいオープンカフェ

建物中央の下がった中庭部分は、オープンカフェとなっています。

オープンカフェの横には池が設置されており、その池には、これまた特徴的な滝があります。水が流れる様子をそのまま表現しているようなデザインです。

池の中の滝や、石版オブジェにてカフェに訪れた人々を楽しませてくれます。

滝の流れる音を聞きながら、オープンカフェで優雅なひとときを過ごせることが出来ます。
美術館で鑑賞した後は、オープンカフェでくつろいではいかがでしょうか。

公園では樹木と触れ合い、中庭では水と触れ合う。汚れた心を浄化してくれそうな美術館です。

建築概要

設計建築:内井昭蔵建築設計事務所
構造:松井源吾
開館1986年3月30日
竣工1985年
延床面積8,223㎡
建築面積4,882㎡
構造鉄筋コンクリート造
階数地下1階、地上2階

ご利用案内・アクセス

開館時間10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日月曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月29日〜1月3日)
※展示替えの期間中は閉館
観覧料<企画展>
 内容によって料金が異なります。詳しくは世田谷美術館の公式サイトをご覧下さい。

<ミュージアム コレクション>
 一般   : 200円(160円)
 65歳以上 : 100円(80円)
 大・高校生: 150円(120円)
 小・中学生: 100円(80円)
 ※()内は団体料金(20名以上。事前連絡が必要。)
 ※小・中学生は、土、日、祝、夏休み期間は無料。
電話03-3415-6011
住所東京都世田谷区砧公園1-2
アクセス<電車>
 東急田園都市線 用賀駅 徒歩17分

<バス>
 東急田園都市線 用賀駅から 美術館行バス「美術館」下車 徒歩3分
 小田急線 成城学園前駅から 渋谷駅行バス「砧町」下車 徒歩10分
 小田急線 千歳船橋駅から 田園調布駅行バス「美術館入口」下車 徒歩5分
 東急東横線 田園調布駅から 千歳船橋行バス「美術館入口」下車 徒歩5分

※2020年4月現在の情報です。最新の情報は世田谷美術館の公式サイトでご確認下さい。


参考元:

Daily Scenery|建築(個)とまち(総体)について発信
nippon.com | 日本情報多言語発信サイト
建材ダイジェスト|建材専門ウェブメディア
Wikipedia

タイトルとURLをコピーしました