「スターバックス川越鐘つき通り店」は川越らしい和風テイストの店

スポンサーリンク
2.歴史的建築物の観光

川越蔵の街にある鐘つき通りは、時の鐘の前の通りであり、多くの観光客が訪れています。その通り沿いに「スターバックス 川越鐘つき通り店」があり、川越の蔵造りの街並みの景観に合わせて、外観や内装を和風に仕上げて新築され、日本庭園も設けられています。

観光名所である時の鐘から、徒歩1分ほどの近さにある川越鐘つき通り店は、スターバックスより「20 Starbucks stores to visit in 2020」(2020年に訪れるべき世界中のスタバ20選)に選ばれました。

今回はそんなスターバックス 川越鐘つき通り店を、建築目線で紹介します。

スポンサーリンク

和風の外観

外観は蔵の街の景観に合わせて、和風デザインに仕上がっています。

通りに面した部分は、瓦葺きの切妻屋根となっており、壁や窓枠などは埼玉県産の杉材を使って作られ、川越らしい雰囲気となっています。

また、店舗看板はバックライトで照らしており、夜はまた違った趣を出します。

サイドには、木製のサイレン(別名:セイレーン)のロゴが掲げられています。
この木製ロゴがですが、京都二寧坂ヤサカ茶屋店にも、同様の木製ロゴが掲げられています。

こちらが京都二寧坂ヤサカ茶屋店の木製ロゴです。和風テイストのスタバ共通のものでしょうか。

川越市では文化財や景観保護の条例があり、建築をする際には、まちづくりガイドラインなどに基づいて建物の規模や形式・デザインなどが定められます。

ガイドラインには町並みの連続性を保つために、隣家との間が離れすぎないよう配慮する道路に面する2階の壁面の位置は、周囲の町家の2階の壁面に合わせる高さは11m以下とするなどの条例があります。

まちづくりガイドラインに従った結果、このような川越の蔵造りの街並みに合うデザインに仕上がっています。

スポンサーリンク

和風の内装

内装の各所についても、和風テイストに仕上げられています。

こちらは入口からすぐの座席。内部の雰囲気が分かりやすく、お店に入りやすい雰囲気になっています。

木製のベンチシートの背もたれには、木綿織物「川越唐桟(とうざん)」を背あてとしてあしらっています。
これは、川越で江戸時代から使われている織物であり、細い綿糸を使用して手間をかけて織られたもので、木綿なのに絹の様な肌ざわりの素材です。江戸時代では、全国の中でもとくに川越で活発に唐桟の生産が行われたことで、川越唐桟のブランドが誕生しました。

内部は、天井の高い平屋の作りとなっています。
建物の形式は、他の蔵造り建物と同様、間口(横幅)が狭く奥に長くなっています。

天井は切妻屋根の形を少しずらし、日光を取り入れています。特徴的な取り入れ方で面白いですね。
また、てっぺんのトップダウンライトも適度に控えめで、オシャレな雰囲気です。

通りに面した外観および天井は木材で作られていますが、建物の構造体は鉄骨造となっています。そのため、柱のない大空間を実現しています。

外からは2階のように見えていた窓の部分は、実はこのような採光窓となっています。
日光を取り入れる工夫が随所に現れています。

カウンター部分には、蔵造りの建物の特徴である、江戸の白漆喰や黒漆喰をイメージして塗られたカウンターテーブルや棚が設置されています。

店の各所には、このような絵画が飾られています。この画像の絵画は、大正時代からある旧家のふすまに描かれた絵を、埼玉県産の杉で作ったフレームに入れています。
また、銀色の塗装がちりばめられた灰色の壁が、和風絵画と相まって、より和の雰囲気を醸し出しています。

お店の奥、入口の反対側は大窓となっており、そこから日本庭園が眺められます。
内部が広いスペースということもあり、とてもゆったりした空間で優雅に珈琲をいただけます。

スポンサーリンク

和風の庭園

お店の奥には大きいテラス席に、その周りを日本庭園で囲っています。

テラスおよび日本庭園は、敷地の奥で通りから離れている所に位置しているため、静寂で落ち着いた雰囲気となっています。

テラスには、木材で作られたテーブルや椅子、石材で作られた趣のある座席が設置されており、訪れた人を楽しませてくれます。

日本庭園には、枯山水風の庭や、鹿威しをイメージした水場が設けられ、石の置き方や樹木の配置にこだわりが見えます。
晴れた日は庭園をゆっくりと眺めながら、落ち着いて珈琲をいただけます。

庭園側から見た外観は、川越の蔵造りの街並みの黒漆喰をイメージするかのように、黒いガルバリウム鋼板によって施されています。

外部の席は、日本庭園の中の大きなテラスの他、中庭も設けられています。

こちらの中庭は屋根があるため、雨の日でも利用可能です。
和風の空間ではありますが、六角形のテーブルがオシャレです。スタバらしく、要所にオシャレなデザインがあしらわれています。

中庭から間近に見えるこの塀は、大和塀(やまとべい)といわれる板塀です。板を縦に前後から張り付けられており、前後の板の間に隙間があるので、目隠しになると同時に、風通しが確保出来ます。

まちづくりガイドラインでは、周囲及び自らの日照、通気を保つために、隣家の状況を考慮して、中庭等の空地を確保するよう努めるという条例があり、ガイドラインを意識して中庭を作られたものと思われます。

「スターバックス 川越鐘つき通り店」は、元眼科の空き家があった場所に建てられた訳ですが、鐘つき通り近辺は休憩スペースが少なく、地元の企業が新しく集える場所を作るべく、川越の地域に溶け込むために蔵の街に出店を考えていたスターバックスに依頼し、新たなコミュニティースペースが誕生しました。
観光客の利用だけでなく、地元の方々が自宅や職場とは別の新しい居場所として利用してほしいという想いから、このスターバックスは作られました。

スポンサーリンク

建築概要

設計建築・内装:スターバックス コーヒー ジャパン
建築:大和ハウス工業
施工建築:大和ハウス工業
内装:丹青社
協力造園:安行幸楽園
アート:フォーアーツデザイン
コンサルティング:松崎照明
店舗面積約219㎡
構造鉄骨造、一部木造
階数地上1階
開店日2018年3月19日
スポンサーリンク

ご利用案内・アクセス

営業時間8:00~20:00
定休日不定休
席数全77席(店内56席、テラス21席)
電話049-228-5600
住所埼玉県川越市幸町15-18
アクセス<電車>
 西武新宿線 本川越駅 徒歩19分
 東武東上線 川越市駅 徒歩23分

<バス>
 東武東上線 川越駅東口より
  小江戸名所巡りバス 一番街 下車徒歩1分
  小江戸名所巡りバス 大手町 下車徒歩1分
 東武東上線 川越駅西口より
  小江戸巡回バス(イーグルバス) 蔵の街 下車徒歩2分
 西武新宿線 本川越駅より
  小江戸巡回バス(イーグルバス) 蔵の街 下車徒歩2分


参考元:

川越鐘つき通り店|スターバックス コーヒー ジャパン
スターバックス、川越「時の鐘」にほど近い「川越鐘つき通り店」事前公開 – トラベル Watch
重要伝統的建造物群保存地区 川越市
祝・世界の20選 スターバックスコーヒー川越鐘つき通り店に行ってみた! | リビング埼玉Web
商店建築 / 物件詳細 / STARBUCKS COFFEE 川越鐘つき通り店
川越唐桟とは 小江戸まるまる屋 -川越のお取り寄せ通販
イーグルバス株式会社
東武バスOn-Line
板塀・ウッドフェンス | 外構 | 庭ふじ木

コメント

タイトルとURLをコピーしました