「川崎市とどろきアリーナ」は等々力緑地の公園内にある大規模な施設

01.現代建築

川崎市の等々力緑地内にある「川崎市とどろきアリーナ」は、国内でも有数の規模を誇るメインアリーナをもつスポーツ施設です。

設計は山下設計。大学施設や病院、アリーナなどの大規模な建築物を手がけている会社です。

今回はそんな川崎市とどろきアリーナの建築を紹介します。

外観

川崎市とどろきアリーナ外観

主に、スポーツ競技会やコンサートなどに使われるメインアリーナ、日常のスポーツ活動をするサブアリーナで構成されたこの施設は、大きな2つの長方形ボリュームをくっつけた平面計画となっています。

外観はブロンズ色、周辺の地面はレンガで敷き詰められ、全体的に茶色で仕上げているので、等々力緑地の自然と合っています。

メイン・サブアリーナの他にも、バレエやエアロビクスなどに使われる体育室、社交ダンスや体操などに使われる研修室、トレーニング室があります。

川崎市とどろきアリーナ外観

多くの観覧客をスムーズに移動させるのを図っているのか、各アリーナの2階席に直接階段でアクセスでき、階段幅を広々と作っています。

川崎市とどろきアリーナ外のオブジェ
川崎市とどろきアリーナのオブジェ

とどろきアリーナの周辺には個性的なオブジェが置かれており、訪れた人々の目を楽しませてくれます。

大規模なメインアリーナ

メインアリーナは最大6,500席あり、国内でも有数の規模を誇ります。

1辺53.6mの正方形平面、天井高20m、2~3階席3000席という大規模なフロアとなっており、スポーツ競技会の他、コンサートや展示会などのイベントも行われます。

天井の大型照明と大型の音響設備が、臨場感のある試合を演出します。

また、アリーナの外には岡本太郎の作品が掲げられており、ここでも訪れた人々の目を楽しませてくれます。

引用:とどろきアリーナ 公式ホームページ | © Kawasaki All Rights Reserved.

建築概要

設計山下設計
施工大林組、東急建設、銭高組、大山組、竹井建設 共同企業体
延床面積21,678㎡
階数地上4階、地下1階
構造鉄骨鉄筋コンクリート造

アクセス

電話044-798-5000
住所神奈川県川崎市中原区等々力1-3
アクセス<電車>
 JR南武線 武蔵中原駅 徒歩15分
 東急東横・目黒線 新丸子駅 徒歩15分
<バス>
 武蔵小杉駅、武蔵溝ノ口駅、高津駅から、とどろきアリーナ前へのバスが出ています。
 とどろきアリーナ前 下車徒歩1分


参考元:

とどろきアリーナ 公式ホームページ
とどろきアリーナ | 事例紹介・お客様の声| 株式会社大山組

タイトルとURLをコピーしました