ドラマ「アンナチュラル」に出てくる技術研究所はどんなところ?

スポンサーリンク
3.ドラマの建築

司法解剖によって不自然死を解明し、事件の謎を解き明かしていくドラマ「アンナチュラル」に出てくる研究所は、自然に優しい環境となっています。
ドラマの内容はシリアスですが、研究所の特徴を調べていくと、非常に働きやすそうな環境であることが分かりました。

ロケとして使われている施設は「大林組の技術研究所」が使われています。
今回はそんな、ドラマに出てくる技術研究所について紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

主なロケ地は大林組の技術研究所

大林組 技術研究所にはいくつもの施設があり、UDIラボの外観に特徴的な壁面緑化がされている建物が出てくるシーンがあるのですが、これは研究所の中の施設のひとつ、オープンラボ1になります。

引用:株式会社 大林組 | 一般社団法人 新エネルギー導入促進協議会 © 2015 New Energy Promotion Council

こちらがドラマで出てくる外観のシーン。

引用:ドラマ「アンナチュラル」より © 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

壁面緑化されており、環境の良さそうな場所です。
この建物は2011年にグッドデザイン賞を受賞しており、とくに環境面でのデザイン性が認められています。
屋上には太陽光発電設備を設置しており、技術研究所内の照明や空調などに電力を供給しています。
また、壁面緑化によって断熱性能を高めています。

スポンサーリンク

UDIラボの内観

内観については、窓を見ても外の風景が見えないので、スタジオセットの可能性があります。研究所内でずっと撮影するのは難しいですしね。。
もし研究所の施設を使っているとしたら、本館テクノステーションの可能性が高いですが、とくに情報は出ていないようです。
まずは事務室から見いきましょう。

引用:ドラマ「アンナチュラル」より © 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

横にある青と白の壁は、縦に設置されたルーバーとなっています。
画像では閉じた状態となっているのですが、たまにルーバーを開いて、光を事務室に取り入れているシーンも存在します。
また上部から光を取り入れる事で、事務室全体を明るく照らしています。普通の窓を設置するよりも明るくなります。
ただ、夏になるとちょっと暑そうですが…。
続いて所長室です。

引用:ドラマ「アンナチュラル」より © 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

事務室とはガラス張りのパーティションで区切られ、青いルーバーが設置されており、書籍や資料が置かれた場所となっています。
この場所も上部から光を取り入れて、全体を明るくしています。

続いて会議室です。

引用:ドラマ「アンナチュラル」より © 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

こちらもガラス張りのパーティションで区切られ、青いルーバーが設置されています。
事務室からの区切りが簡易的なので、ちょっとした話をしたい時にも便利です。
壁には植物などの写真が飾られていて、オシャレですね。
そして渡り廊下。

引用:ドラマ「アンナチュラル」より © 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

オフィスの一画を借りている設定でしょうか。同じ建物に別の会社が入っているようですね。
真ん中は吹き抜けとなっているので、開放感のある空間となっているかと思います。

スポンサーリンク

環境に優しい研究所

研究所のメインであり、事務機能が集中している本館のテクノステーションは最先端の環境配慮安全安心研究環境という3つのコンセプトのもと作られています。

引用:大林組 技術研究所 © OBAYASHI CORPORATION

全長90m、奥行き20mの2層吹抜の建物に、200人の研究員が働いています。
この建物には、太陽光や地中熱などの自然環境を生かした高性能な省エネ性能や、制震システムなど、多くの最先端技術を取り入れています。
さすがは大林組ですね。
一般的なオフィスに比べて、CO2排出量を55%も削減しています。
サステナブル建築賞を受賞しており、社会的に評価された建築物です。
サステナブル建築賞とは、環境の豊かさや、環境負荷の低減、資源消費の削減などに貢献した建築に贈られる賞となります。
実際にこの建物が撮影に使われているかどうかは不明なのですが、使われているとしたら、UDIラボはかなり環境の良い職場と言えます。

スポンサーリンク

研究所の出入口

出入口のとして使われている、守衛所と言われる警備施設があるのですが、こちらもドラマに出てきました。

引用:“ガラス制振壁”によるミニマムな守衛所:case10:大林組技術研究所本館 テクノステーション|旭硝子のGlass-Plaza Pro © 2001-2014 旭硝子株式会社

こちらがドラマで出てきた守衛所のシーン。

引用:ドラマ「アンナチュラル」より © 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

入退館を確認し易くし、視認性のため開放感を出すようガラス張りとなっているのですが、強風や地震に対応するためガラス制振壁を採用されています。
ガラス制振壁は、ガラスと梁との接合部を粘弾性体で固定し、外部からの衝撃を吸収します。

引用:“ガラス制振壁”によるミニマムな守衛所:case10:大林組技術研究所本館 テクノステーション|旭硝子のGlass-Plaza Pro © 2001-2014 旭硝子株式会社

透明性がありデザイン性が良く、制振性能を持った一石二鳥な壁ですね。

スポンサーリンク

アクセス

住所東京都清瀬市下清戸4-640
アクセス西武池袋線 清瀬駅から
 タクシーの場合 清瀬駅北口 約7分
 徒歩の場合 清瀬駅北口 徒歩35分
 バスの場合 清瀬駅北口1番乗場 約10分
  清63 旭が丘団地行 または
  清63-1 旭が丘団地経由新座営業所行 にて
  「大林組技術研究所」で下車

参考元:

金曜ドラマ『アンナチュラル』|TBSテレビ
アンナチュラル|撮影場所・ロケ地はどこ?アクセス方法や周辺観光地も! | ドラママニア!
大林組 技術研究所
大林組技術研究所本館がサステナブル建築賞で国土交通大臣賞を受賞|CSR|大林組
作品詳細|バックナンバー|新建築 Online
大林組技術研究所 本館 テクノステーション | Contents | LIGHTING STYLE Vol.6 | パナソニック照明設計サポート P.L.A.M. プラム|照明器具|電気・建築設備エコソリューション|法人のお客様|Panasonic
株式会社 大林組 | 一般社団法人 新エネルギー導入促進協議会
DesignFiles (DesignFiles)|旭硝子のGlass-Plaza Pro
パッシブ&フレキシブルラボ [大林組技術研究所オープンラボ] | 受賞対象一覧 | Good Design Award

コメント

タイトルとURLをコピーしました