ドラマ「ハケンの品格」のS&F、フラメンコの店はどんなところ?【2007年編】

スポンサーリンク
3.ドラマの建築

篠原涼子演じる特Aランクのスーパーハケン大前春子が、食品商社S&Fに派遣されトラブルを次々に解決していく。そんなドラマ「ハケンの品格」は、2007年に第1シリーズが放送されています。

大泉洋演じる東海林主任と、大前春子のやり取りが最高であり、とっくりとくるくるパーマのバトルは、いつ見ても面白いですね。

今回はハケンの品格の第1シリーズに出てくる、S&Fのオフィスやフラメンコの店のロケ地となっている建築や、放送で出てきた内装などを紹介します。

別記事で、2020年のハケンの品格で出てきたS&F、フラメンコの店も紹介していますので、よろしければこちらもぜひ。

スポンサーリンク

S&F

外観

2007年の第1シリーズでは、S&Fが入っているビルの外観は「丸の内北口ビル」がロケ地となっています。

大手町駅から直結でアクセスでき、多くの飲食店・銀行複数店舗が近い距離にあり、非常に良い立地に位置しています。

入口は、円柱型のガラス張りが特徴であり、堅くなり過ぎないデザインです。

ビルの外はこのように、数本の樹木が植えられ、また特徴的なオブジェなどがあります。

高さ147m、地上29階建のこのビルは、ガラス張りと石張りが組み合わされた、シャープな感じの外観となっています。
各階のガラス張りの外側に、ルーバーのようなものが設置されており、直射日光を防ぐためのものかと思われます。

内観

ビル内部へは、一般の人は入館不可となっていました。そのため、テレビ画面にて紹介していきます。

エントランス

引用:ドラマ「ハケンの品格」より © Nippon Television Network Corporation

まずはエントランス。白い石造の壁と、エレベータへ続く黒い石造の壁のコントラストが良い感じです。

引用:ドラマ「ハケンの品格」より © Nippon Television Network Corporation

3面ガラス張りとなっており、天井も高いので、とても明るく開放的な空間となっています。

オフィス

続いてはオフィス内部です。オフィス内はロケ地の情報がなく、テレビスタジオである可能性が高いです。

引用:ドラマ「ハケンの品格」より © Nippon Television Network Corporation

こちらはエレベーターからオフィスに続く通路。緑のロゴデザインが、明るい会社の印象を与えます。

引用:ドラマ「ハケンの品格」より © Nippon Television Network Corporation

引用:ドラマ「ハケンの品格」より © Nippon Television Network Corporation

オフィス内部は緑を随所に施しており、後ろの食品の写真と相まって、食品会社らしい内装となっています。

引用:ドラマ「ハケンの品格」より © Nippon Television Network Corporation

こちらは大前春子が働いているマーケティング課の内装です。倉庫のような内装であり、窓際のような感じのある場所です。
緑に着色された鉄骨のおかげで、倉庫のような内装でも暗すぎない雰囲気となっています。

ロケ地の建築概要

施設名丸の内北口ビル
設計三菱地所設計
施工戸田建設
敷地面積10,791.27㎡
建築面積6,979.23㎡
延床面積128,764.27㎡
最高高さ147.430m
構造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
階段地上29階、地下4階
竣工2004年8月

ロケ地へのアクセス

住所東京都千代田区丸の内1-6-5
アクセス東京メトロ 大手町駅 徒歩2分
JR線 東京駅 徒歩3分

スポンサーリンク

フラメンコの店

外観

2007年の第1シリーズでは、フラメンコの店の外観は「両山堂印刷所」がロケ地となっています。

両山堂印刷所は、食品ラベル印刷会社であり、1915年に創業しました。今の建物は、初代社長が1954年に建てたものとなります。
レッテルと描かれた看板が掲げられていますが、レッテルとは缶や瓶に貼られたラベルのことです。

紙を扱う会社のため、炎に強い大谷石(おおやいし)で建てられました。大谷石は、栃木県宇都宮市の大谷町で採掘される石材であることから、この石名が付けられました。
柔らかい素材のため加工がしやすく、昔から外壁や土蔵などの建材としてよく使われています。

玄関の庇の柱も、大谷石で覆われています。
下部のスクラッチタイル(突起物を引っ掻いたようなタイル)と、大谷石の外壁がマッチした外観デザインです。

内観

内観は、テレビ局スタジオのセットで撮られました。

引用:ドラマ「ハケンの品格」より © Nippon Television Network Corporation

引用:ドラマ「ハケンの品格」より © Nippon Television Network Corporation

ステージや部屋の入口など、洋風建築らしくアーチ型の開口部となっています。
ところどころ壁の塗装が剥がれており、年季が入ったお店のように作られています。

薄暗い店内の中に、バーカウンターには電灯が埋められており、お洒落な雰囲気をかもし出しています。

引用:ドラマ「ハケンの品格」より © Nippon Television Network Corporation

こちらは大前春子が居候している部屋です。
情熱的な赤い壁やお洒落な家具が、スペインらしい内装となっています。

大前春子は、S&Fでは頑なに心を開かないですが、仕事以外では激しいフラメンコを踊る一面を持っています。

ロケ地へのアクセス

住所東京都台東区池之端2-3-20
アクセス東京メトロ千代田線 根津駅 徒歩4分

別記事で、2020年のハケンの品格で出てきたS&F、フラメンコの店も紹介していますので、よろしければこちらもぜひ。


参考元:

ハケンの品格|日本テレビ
全国ロケ地ガイド:ドラマ・映画・特撮の撮影場所案内
丸の内北口ビル(千代田区丸の内)の賃貸情報|オフィサイト
丸の内北口ビルディング | 超高層ビル部
歴史の浪漫街道/赤煉瓦建築・大谷石の両山堂

コメント

タイトルとURLをコピーしました