「カレッタ汐留」は渓谷に亀がいるイメージで作られた建築

01.現代建築

汐留貨物駅跡地の再開発によって作られた「カレッタ汐留」は、特徴的なデザインの商業施設や、電通本社のシャープな超高層ビルなどがあり、飲食店やショップのほか、広告ミュージアムや四季劇場などの文化施設も入った複合施設になっています。

カレッタ汐留案内図

2002年12月1日に開業したカレッタ汐留は、地下2階~地上3階にわたるカレッタモールという商業施設に、キャニオンテラスと呼ばれる広場、47階建ての電通本社ビルで構成されています。

電通本社ビルはフランスの建築家ジャン・ヌーヴェル氏、カレッタモールおよびキャニオンテラスはアメリカの建築家ジョン・ジャーディ氏が手がけています。

今回はそんなカレッタ汐留の建築を紹介します。

特徴的なデザインの商業建築

カレッタ汐留のカレッタモール外観

こちらの、階段状の建物に中央がガラス張りになっている所はカレッタモール。太古の岩を流れる水が削って生まれた渓谷をイメージして、ガラス張りを水に、その周囲を岩に見立てています。

カレッタ汐留のカレッタモール外観

カレッタモールを正面から見た様子。地下2階~地上3階におよぶカレッタモールの手前には、サンクンガーデンとなっているキャニオンテラスが広がります。サンクンガーデンとは、地盤よりも低い位置に作られた広場・庭園のことです。

カレッタモールおよびキャニオンテラスの設計はジョン・ジャーディ氏。日本では六本木ヒルズ森タワーやラ チッタ デッラなどを手がけており、世界中から商業建築に関して高い評価を得ています。

こちらがキャニオンテラス。広場の中には大きな亀の甲羅が置かれており、噴水になっています。「カレッタ」の名称の由来は、アカウミガメの学名「Caretta Caretta」から取られており、ゆったりとした時間や、余裕のあるライフスタイルを持つ都会人を、亀のイメージと合わせて付けられています。

実際、日本の都会人は忙しく余裕のないイメージがあるのですが、アメリカではまた少し生活スタイルが違ってくるのでしょうか。

カレッタモール内の、キャニオンテラス側出入口(地下3階)のエントランスを見上げた様子です。渓谷をイメージしているだけあって、崖に囲まれたようなダイナミックな内観になっています。

電通本社ビルには展望台あり

カレッタ汐留の電通本社ビル

電通本社ビルは、高さ約213mのガラス張りの超高層ビルであり、その他のガラス張りビルが並ぶ汐留の風景と合っています。ビルの46~47階は展望台となるスカイレストランがあり、地上200mから東京湾の風景を一望出来ます。

電通本社ビルの設計はジャン・ヌーベル氏。2008年のプリツカー賞(建築界のノーベル賞)などの様々な賞を多数受賞している世界的建築家です。

カレッタ汐留の電通本社ビル

見る角度によってシャープで鋭い印象を与えます。

浜離宮庭園から見た電通本社ビル

浜離宮庭園から見た電通本社ビルです。オフィス空間が南側に配置されていて曲線を描いており、東京湾や浜離宮庭園を一望することが出来ます。この南面は、東から西(上画像で言うと右から左)に白からグレーの11色のグラデーションが付けられています。

西側の角(左上の角)は白くなっており、曇りになると空に溶け込んだようになります。

こちらは46階のエレベーターホール。エレベーターからは内陸側の景色が眺められます。ホール内の中央にある枯山水のようなオブジェは、豊穣の海という作品です。

スカイレストランのほか、一部、無料で東京湾側を展望出来るスペースもあります。

低層部での渓谷に亀がいるイメージで作られた商業建築と、高層部での展望が楽しめられるカレッタ汐留。フランスとアメリカの建築家のコラボによって、オシャレでダイナミックな建築が作り出されています。

建築概要

設計建築:大林組
デザインパートナー:アトリエ・ジャン・ヌーベル、ジャーディ・パートナーシップ・インターナショナル
施工大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店
敷地面積17,244㎡
延床面積231,701㎡
高さ213.337m
階数地上48階、地下5階、塔屋1階
構造鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
工期1999年10月〜2002年10月

ご利用案内・アクセス

開館時間10:00~20:00
休館日店舗により異なります。
住所東京都港区東新橋1-8-2
アクセスJR線 新橋駅 汐留改札より徒歩4分
都営大江戸線 汐留駅 新橋駅方面出口より徒歩1分
都営浅草線 新橋駅 JR・汐留側改札より徒歩3分
東京メトロ銀座線 新橋駅 JR方面改札口より徒歩5分
ゆりかもめ 汐留駅 東出口より徒歩2分

※2021年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトでご確認下さい。


参考元:

カレッタ汐留 – caretta shiodome
電通本社ビル|カーサ ブルータス Casa BRUTUS
カレッタ汐留|FABRICA
電通本社ビル|日本の超高層ビル

タイトルとURLをコピーしました