展望レストハウス「クリスタルビュー」の透明感ある建築

01.現代建築

葛西臨海公園の中に建ち、東京湾を一望することが出来る展望レストハウス「クリスタルビュー」は、施設名の通り全面ガラス張りでクリスタルのような透明感があり、海と公園の風景を存分に楽しめられる建築となっています。

展望レストハウス・クリスタルビューのフロアマップ

1995年7月に出来たクリスタルビューは地上2階、地下1階建てであり、葛西の歴史や公園の野鳥に関する展示コーナーや展望コーナー、クリスタルカフェなどがあります。

設計は谷口吉生氏。葛西臨海水族園と同じ設計者となります。

今回はそんなクリスタルビューの建築を紹介します。

外観

展望レストハウス・クリスタルビュー北側外観

建物は海岸線に沿って横長に建っており、規模は全長74m、幅6.6mになります。公園の風景をなるべく壊さないよう高さ11mに押さえられています。また、全長を長くして多くの人々が同時に展望できる場が考えられています。

展望レストハウス・クリスタルビュー北側外観
展望レストハウス・クリスタルビュー北側外観

葛西臨海公園駅から向かうと少しだけ上り坂となっており、坂の頂点にクリスタルビューが建つ形になり、視線の通る爽快感ある外観になっています。

展望レストハウス・クリスタルビューから見た海

クリスタルビューのヴォイド(孔)を抜けると目の前には東京湾の風景が広がります。

展望レストハウス・クリスタルビュー南側外観

南側(海側)から見た様子です。地下1階の基壇部分はコンクリート打ちっ放しになっています。

内観

展望レストハウス・クリスタルビュー内観

周囲はガラス張りとなっているので、東京湾の他にも、公園内の自然や遠くの東京の街並みも一望することが出来ます。

中のコンクリート壁の仕上げは、50角(50×50mm)の白い磁器質タイルを使用しており、展望台の透明感をより引き出しています。

展望レストハウス・クリスタルビューから見た海の景色

展望台から見た海の風景です。水平線のほか、公園の芝生やカラフルな花壇が眺められます。

展望レストハウス・クリスタルビュー展示コーナー

2階にあるこちらの暗いトンネルは展示コーナーとなっており、葛西臨海公園の歴史を映像で紹介しています。

展望レストハウス・クリスタルビュー展望コーナー

2階の展望コーナーです。コーナーの先には葛西臨海水族園のシンボルであるガラスのドームが見えます。

展望レストハウス・クリスタルビュー内観

クリスタルビューの周囲はガラスのカーテンウォールで構成されていますが、このカーテンウォールの方立(ほうだて。縦部材。)は、ガラスのサッシュの役割に加えて、屋根を支える構造材としての役割も担っています。この構造材には竣工当時の新素材であった耐火性鋼が使われています。

展望レストハウス・クリスタルビューの鋼管

座屈防止および風圧に耐えるために、上部に鋼管をサッシュからコンクリートに接続しています。鋼管の接続部は、コンクリート側は磁器質タイルのちょうど4枚分のスペースを使い、ガラス側は方立と横架材のちょうど交差点に来ています。グリッド(枠線)の位置を機械的にぴしっと合わせ、建物全体に緊張感が与えられているのが、谷口吉生建築の特徴です。

展望レストハウス・クリスタルビューの構造材

横架材には、方立3スパンごとにこのような一部細くなった部分があります。これは、3本の方立と横架材を工場で組立てて溶接しておき、それを現場で建て付ける際に溶接した部分になります。溶接には金属に大きな熱が加わり形状がゆがんできてしまいますが、応力の小さい横架材の中央部分を薄くすることで溶接量を抑えて、ゆがみを少なくしています。

展望レストハウス・クリスタルビュー展示コーナー

1階の展示コーナーには、葛西沖の埋め立ての歴史や、公園に生息する野鳥に関する展示がされています。すりガラスによる展示になっており、ここでも透明感が出された空間になっています。

クリスタルカフェ

展望レストハウス・クリスタルビューのクリスタルカフェ

地下1階にはクリスタルカフェがあります。海辺で楽しめるカフェをコンセプトにして作られました。

展望レストハウス・クリスタルビューのクリスタルカフェ

店内はまさに、海辺のカフェらしい雰囲気になっています。白と青を基調に壁や床を仕上げ、家具には薄い色の木材を使い、広々としていて爽やかな空間になっています。

展望レストハウス・クリスタルビューのクリスタルカフェのテラス席

テラス席も用意されており、海の風を感じながら食事を楽しむ事が出来ます。

透明感のある展望レストハウスのクリスタルビュー。葛西臨海公園に訪れた際には、この展望台にも訪れていただく事もおすすめします。

建築概要

設計建築:谷口建築設計研究所
構造:新谷眞人、木村俊彦構造設計事務所
施工東亜建設工業、中里建設 共同企業体
高さ11m
階数地上2階、地下1階
構造鉄骨造、鉄筋コンクリート造
竣工1995年7月

ご利用案内・アクセス

入館料無料
電話葛西臨海公園サービスセンター:03-5696-1331
クリスタルカフェ:03-5878-1327
住所東京都江戸川区臨海町6-2
アクセスJR京葉線 葛西臨海公園駅 徒歩7分


参考元:

CRYSTAL CAFE 公式サイト
限りなく透明な展望台、葛西臨海公園「クリスタルビュー」 | PANDA Chronicle
葛西臨海公園展望広場|けんちく探訪
・構造デザインマップ編集委員会「構造デザインマップ東京」,総合資格学院,2014年6月20日,120-121P

タイトルとURLをコピーしました