ドラマ「まだ結婚できない男」のロケ地の建築はどんなところ?

スポンサーリンク
3.ドラマの建築

阿部寛演じる、一級建築士・桑野信介が、地位も収入もあるにも関わらず、その偏屈な性格で53歳にして結婚できないでいる建築家が主人公のドラマ「まだ結婚できない男」。
このドラマに出てくる主な建築である、桑野のマンション、桑野・村上建築設計事務所、吉山法律事務所、カフェBROWN CLOVERの建築の建築を紹介します。

スポンサーリンク

桑野・村上建築設計事務所

まずは桑野・村上建築設計事務所の外観から。
ロケ地は、横浜の日本大通りにあるTHE BAYSです。

茶色のスクラッチタイル張りの洋風建築であり、入口は装飾に凝っているクラシックな入口となっています。
スクラッチタイルとは、突起物を縦方向に引っ掻いたようなタイルです。

横浜スタジアムの向かい側に位置し、横浜DeNAベイスターズの発信拠点であり、野球をテーマとしたカフェやグッズ売り場、スポーツジムなどが入っています。
日本大通りはレトロな西洋建築が建ち並び、装飾も色合いも、周辺の建物と調和が取れています。
設計は、大阪のダイビル本館などで知られる渡辺節です。

また、屋上にはある程度のパーティーが出来そうな程のスペースがあります。
桑野はパーティーをやりそうな性格ではありませんが。。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

続いて内観。
13年前の「結婚できな男」と事務所の場所が同じ設定だけあって、あまり変わっていません。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

柱の下部はレンガのように造られており、ちょっとオシャレです。
真ん中をフリースペースとし、事務所のメンバー同士のコミュニケーションを取りやすくしています。
事務がいる奥のスペースは、一段上がっていることもあり、隔離した感じになりがちですね。
この事務所の内観は、スタジオで作られた可能性がありますが、定かではありません。。

住所神奈川県横浜市中区日本大通34
アクセスみなとみらい線 日本大通り駅 徒歩3分
京浜東北線 関内駅 徒歩8分
スポンサーリンク

吉山法律事務所

続いては吉山法律事務所です。
外観のロケ地は、茅場町にある第2井上ビルです。

基本的に鉄筋コンクリート造の白塗りですが、1階部分は石造りの西洋風の外観とした、いわゆる看板建築となっています。

桑野・村上建築設計事務所と同じく、装飾に凝っているクラシックな入口です。

川沿いに優雅な感じで建っています。
また、窓枠はアールデコを意識した感じのデザインです。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

廊下は壁の下部をレンガ張りにし、クラシック感を出しています。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

事務所内部。奥の執務スペースは、たくさんの本がずらりと並びます。
古いビルであるがゆえ、落ち着いて話しをすることが出来そうです。
また、部屋の内装と合わせるかのように家具を選出しているような感じがします。
ここもスタジオの可能性がありますが、定かではありません。。
また、事務所の奥にブロックを積み上げたような白い特徴的な形をした証明が置かれています。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

この証明、元町・中華街駅やTOD’S表参道ビル、ミキモト銀座2丁目店などを設計した建築家・伊東豊雄がデザインした証明です。
今治市にある伊東豊雄建築ミュージアムとよく似てますね。

引用:伊東豊雄建築設計事務所 | © Daici Ano
住所東京都中央区日本橋茅場町2-17-12
アクセス東京メトロ日比谷線・東西線 茅場町駅 徒歩4分
スポンサーリンク

カフェ BROWN CLOVER

続いてはカフェ BROWN CLOVERです。
ロケ地は、恵比寿にあるカフェパークです。

特徴的なガラス張りの高層ビルの半地下に、CAFE PARKと書かれた看板を入っていくと、そのカフェがあります。
お店の前には観葉植物をふんだんに設置し、ボタニカルな雰囲気を演出しています。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

内部にも観葉植物を設け、ボタニカルな空間を作り出しています。
壁のコンクリートブロック良い味を出しており、木製カウンターやフローリング等とうまくマッチしています。
コンクリートブロックがオシャレに見える所は珍しいと思います。
ちなみに実際の内装と違うので、このカフェはスタジオで作られていると思われます。
実際のカフェパークの内装は以下のようなな感じです。

引用:CAFE PARK カフェパーク | © 2016 W’s company Co., Ltd.
住所東京都渋谷区恵比寿西1-21-15
アクセス東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 徒歩2分
JR線 恵比寿駅 徒歩5分
東急東横線 代官山駅 徒歩5分
スポンサーリンク

桑野のマンション

最後は桑野のマンション。
ロケ地は、プラウドタワー東池袋です。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

家賃は1ヶ月30万前後の高級マンション。さすが桑野信介です。
入口前も高級マンションだけあって、エクステリアも凝っています。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

次は内観です。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

内観のエレベーターホールは高級感あふれるデザインとなっています。
このドラマに出てくる建築は、レンガ張りが実に多いですね。
また、セキュリティもしっかりしてそうです。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

部屋の前の廊下は、まるで大企業の会議室の入口のようなドアです。
次は桑野の部屋に入っていきます。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

キッチンはアイランド式となっており、白い台は清潔感があります。
コンロ周りのスペースが広く、とても料理がしやすそうです。
アイランド式なので、料理をする人と、冷蔵庫を利用する人との導線がぶつからず利用しやすそうです。

引用:ドラマ「まだ結婚できない男」より © Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

リビングは、テレビ鑑賞スペースと仕事するスペースが兼用となっています。
部屋内部が落ち着いた空間となっているため、割と仕事が捗りそうです。
また間接照明には、アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトがデザインした照明が置かれています。

引用:まだ結婚できない男 | 関西テレビ放送 カンテレ © Kansai Television Co. Ltd.

番組の公式サイトでも、部屋の内部を覗くことが出来ます!
「まだ 内見できない所桑野の部屋 を大公開!」の所から見られます。
https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/special/

住所東京都豊島区東池袋5-19
アクセス都電荒川線 東池袋四丁目駅 徒歩4分
都電荒川線 向原駅 徒歩5分
東京メトロ有楽町線 東池袋駅 徒歩6分
東京メトロ丸の内線 新大塚駅 徒歩10分

ロケ地に実際に自ら足を運んで、ドラマでよく見る風景を見つけると、「おっ、ここドラマで見た所だ!」といった感じで、思っていたよりも感激します。


参考元:

まだ結婚できない男 | 関西テレビ放送 カンテレ
まだ結婚できない男 | ドラマのロケ地.com
THE BAYS|横浜DeNAベイスターズ
THE BAYS – Tone & Matter
横浜中区日本大通りのTHE BAYS(昭和モダン建築再訪) : 関根要太郎研究室@はこだて
第2井上ビル -日本橋茅場町-
第二井上ビル/日本橋茅場町2丁目 – ぼくの近代建築コレクション
CAFE PARK カフェパーク|恵比寿エリアのライフスタイルの新しいスタンダードを創造・発信
プラウドタワー東池袋の賃貸情報 – 東池袋駅【スマイティ】建物番号:8482877
【結婚できない】吉田羊(まどか)弁護士事務所のインテリア照明のブランドはどこ?画像
伊東豊雄建築設計事務所

コメント

タイトルとURLをコピーしました