安藤忠雄

8.マインクラフト再現

安藤ストリートの「シティハウス仙川ステーションコート」をマインクラフトで再現

仙川の「安藤ストリート」は、2004〜2012年にかけて作られた6件もの安藤忠雄建築が建ち並ぶ全長500mのエリアとなっており、その中でも「シティハウス仙川ステーションコート」では、ストリートの最も北に位置する大規模集合住宅です。 今回はそんな、シティハウス仙川ステーションコートをマインクラフトで再現しました。
1.現代建築物の観光

東京大学の「情報学環・福武ホール」は東大生じゃなくても一見する価値のある建物

東京大学の本郷キャンパス内に作られた「情報学環・福武ホール」は、東京大学創立130周年を記念して計画され、2008年3月26日に竣工しました。この福武ホールは、本郷キャンパスの入口である赤門のすぐ近くに位置します。 今回はそんな、東京大学にある情報学環境・福武ホールを紹介します。
1.現代建築物の観光

「国際子ども図書館」の建築の特徴を知ると、大人も楽しめられる

日本唯一の国立の児童書専門図書館である「国際子ども図書館」は、子供向けの絵本や読み物、知識の本、地理や歴史に関する本が所蔵されており、また調べ物や研究のための資料室もある図書館です。そして、子供の本に関する展示会なども行われています。 ...
8.マインクラフト再現

安藤忠雄の建築「光の教会」「住吉の長屋」をマインクラフトで再現

建築家・安藤忠雄の代表作である「光の教会」と「住吉の長屋」。「光の教会」は、キリスト教プロテスタント系の教会となり、正式名称は茨木春日丘教会です。主に、信者の礼拝や葬式などを執り行う教会です。「住吉の長屋」は、鉄筋コンクリート造の小住宅で...
1.現代建築物の観光

「光の教会」は安藤忠雄の強いこだわりによって作られた

大阪府茨木市にある「光の教会」は、キリスト教プロテスタント系の教会となり、正式名称は茨木春日丘教会です。主に、信者の礼拝や葬式などを執り行う教会です。 今回はそんな光の教会を、美術館に再現された教会の画像を使って、紹介したいと思います。
1.現代建築物の観光

「仙川安藤ストリート」の全体地図と見どころ

仙川の松原通り沿いにある「安藤ストリート」は、2004〜2012年にかけて作られた6件もの安藤忠雄建築が建ち並ぶ全長500mのエリアとなっており、仙川の観光スポットとなっています。 建築ファンのみならず、仙川に遊びに来た人にも一度は見て頂きたい場所です。
1.現代建築物の観光

「表参道ヒルズ」は原宿や表参道に来たら訪れて損はない建築

旧同潤会青山アパートの建替事業として建て替えられ、2006年2月11日にオープンした「表参道ヒルズ」。そのファサード(建物の前面)の全長は250mあり、表参道の通りの約1/4の長さを占めている、まさに表参道を代表する建築となります。
1.現代建築物の観光

「上野毛駅」には用事が無い。と思っている方はもったいない!

環状8号線と上野毛通りが交差する場所に建つ、東急大井町線の「上野毛駅」は、なかなか観光で降りる事は無いかと思いますが、周辺にカフェやランチに最適なお店があったり、五島美術館という国宝や重要文化財が所蔵されている施設があります。 そして何よりも上野毛駅舎が見どころです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました