美術館

1.現代建築物の観光

「川崎市市民ミュージアム」のメタリックな外観と開放的な内観

川崎市にある、博物館と美術館の複合文化施設「川崎市市民ミュージアム」は、川崎市の歴史や美術などを資料を使って紹介・展示しており、川崎市の事を知るならココ!と言える施設です。 設計は菊竹清訓であり、江戸東京博物館やスカイハウスなどを手がけています。 今回はそんな川崎市市民ミュージアムの建築を紹介します。
1.現代建築物の観光

「すみだ北斎美術館」は建築物も見どころ

葛飾北斎が生涯のほとんどを過ごした墨田区に建てられた「すみだ北斎美術館」は、北斎を区民の誇りとして功績をたたえ、北斎のコレクションを保存・展示、そして研究・教育がされ、周辺地域の産業や観光に貢献して、地域活性化のため設立された美術館です。 今回はそんな、すみだ北斎美術館の建築を紹介します。
8.マインクラフト再現

「国立西洋美術館」をマインクラフトで再現

日本を代表する美術館といえば、2016年に世界遺産に登録された「国立西洋美術館」。上野公園にどっしりと構え、灰色の落ち着いた雰囲気を出しています。 国立西洋美術館の設計者と言えばル・コルビュジエですが、そんな巨匠が日本に唯一残したこの建物をマインクラフトで再現しました。
スポンサーリンク
1.現代建築物の観光

「世田谷美術館」は病んだ心が健康になるよう設計された

砧公園の一角に位置する「世田谷美術館」は、レストラン、カフェ、ミュージアムショップなどの施設を備えており、1986年3月30日に開館しました。 世田谷区には著名な芸術家が多く、その人たちの作品を展示しています。 設計を手がけたのは内井昭蔵です。公園の自然環境を生かしたデザインとしています。
1.現代建築物の観光

「横浜美術館」は老若男女が楽しめる芸術的な建物

1989年11月3日に開館した、横浜みなとみらいに建つ「横浜美術館」は、見た目が芸術的な美術館であり、そして、老若男女の誰もが楽しめる美術館となっています。 今回はそんな横浜美術館の見どころを、建築目線で紹介いたします。
2.歴史的建築物の観光

「国立西洋美術館」が世界遺産に登録された理由とは?

日本を代表する美術館といえば、2016年に世界遺産に登録された「国立西洋美術館」。 上野公園にどっしりと構え、灰色の落ち着いた雰囲気を出しており、美術館の正面には数々の銅像が飾られています。 この美術館は、西洋美術に関する作品を貯蔵し、公衆に対して幅広く知れ渡すため、1959年4月に発足しました。
6.芸術・美術展示会

「岡本太郎現代芸術賞展」の作品のあまりの凄さに戸惑いを隠せない

岡本太郎美術館にて毎年企画展示されている「岡本太郎現代芸術賞」。 岡本太郎のようにべらぼうな作品を創り出す逸材を見つけ出そうといった企画となります。
1.現代建築物の観光

「岡本太郎美術館」は建物自体も見どころ

川崎市には自然の宝庫である生田緑地があります。その緑地を奥まで歩いて行くと岡本太郎美術館が建っているのが見えてきます。 美術館まで行く途中、日本民家園やプラネタリウムの施設、遊び広場や池などがあり、川崎市多摩区の観光スポットとなっています。
6.芸術・美術展示会

「岡本太郎」の作品は芸術を爆発させていたが、有名建築家の怒りも爆発させていた

日本を代表する芸術家「岡本太郎」。 大阪万博のシンボルとなった「太陽の塔」や、渋谷駅の壁画となっている「明日の神話」など、数々の有名作品を残しています。 「芸術は爆発だ」のフレーズも有名ですね。 そんな岡本太郎ですが、丹下健三や坂倉準三などの有名建築家と深く関わっています。
1.現代建築物の観光

「国立新美術館」は現代社会に必要とされるよう設計されている

日本で5館目に六本木に建てられた 国立新美術館。 ぐにゃぐにゃした独特な外観は好き嫌いが分かれそうな気がしますが、大規模な展示スペースを持ち、2016年の美術館の入場者数は国内第2位となりました。 今回は国立新美術館について、建築情報をまとめてみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました