二子玉川

02.近代建築

「帰真園」とその中の「旧清水家住宅書院」は訪れて損はない場所

二子玉川駅から大型施設の二子玉川ライズを抜けた先にある「帰真園」(きしんえん)は、世田谷区立初の日本庭園であり自然豊かで趣のある庭園です。帰真園の中には「旧清水家住宅書院」があり、近代和風建築の特徴である床の間などを残した建物で、区登録有...
01.現代建築

「二子玉川ライズ」のルーフガーデンは都会の中の自然界

東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅に直結している大型複合施設の「二子玉川ライズ」は、商業施設やオフィス、タワーマンションなどの機能が備わっています。その中で、屋上庭園であるルーフガーデンがあり、緑豊かな環境に良い施設となっています。 ...
01.現代建築

「玉川高島屋S・C ガーデンアイランド」は草木が生い茂った建築

二子玉川駅の北エリアには玉川高島屋S・C(ショッピングセンター)の商業建築群が建ち並び、その中でも他の高島屋から少し離れた場所に位置する「玉川高島屋S・C ガーデンアイランド」は、ガーデンアイランドという名の通り、壁面緑化や屋上緑化がふん...
01.現代建築

「キュープラザ二子玉川」の設計者は?外観デザインの特徴とは?

東急不動産が展開している都市型商業施設の「キュープラザ二子玉川」は、二子玉川ライズと玉川高島屋の近くの好立地にあり、昔廃線になった砧線を面影を残しつつ、街の賑わいを演出した外観となっています。 キュープラザは原宿、恵比寿、心斎橋に続...
03.歴史的建築

「岡本公園民家園」にある古民家の構造や特徴

岡本静嘉堂緑地の中に、区の有形文化財に指定された古民家がある「岡本公園民家園」があり、江戸時代の農家の家屋を再現させています。 民家園の中には、旧長崎家主屋や旧浦野家土蔵など、世田谷区内に存在していた古民家を移築し、江戸時代の風景を...
01.現代建築

移転予定の「静嘉堂文庫美術館」の建築。「静嘉堂文庫」「岩崎家廟堂」も合わせて紹介

世田谷区に貴重な自然が残された岡本静嘉堂緑地は、三菱財閥を築き上げた岩崎家が所有する庭園であり、そこには「静嘉堂文庫」「岩崎家廟堂」「静嘉堂文庫美術館」の名建築があります。 もともと静嘉堂緑地は、三菱の第二代社長の岩崎彌之助氏の三回...
02.近代建築

「旧小坂家住宅」は建築好きなら訪れて損はない住宅

岡本静嘉堂緑地の近くの自然が豊富な場所に、広大な庭園を持つ「旧小坂家住宅」は、和洋折衷の木造建築となっており、入場無料で見学でき、建築好きなら訪れて損はない住宅となっています。 1937年に、衆議院議員などを歴任した小坂順造氏が別邸...
01.現代建築

二子玉川の「柳小路」は東京都内にありながら京都の街並のような場所

二子玉川の玉川高島屋ショッピングセンターの西側にある「柳小路」は、裏路地再生エリアとして京風の街並をテーマにした場所が作られています。 街場感をコンセプトにした裏路地エリアは、南角、東角、まるうめ、仲角、錦町の5つの京風の建物が軒を...
01.現代建築

「玉川高島屋S・C」は自然と共存した建築

二子玉川駅西側の国道246号線沿いに、ショッピングセンター「玉川高島屋S・C」があり、緑がふんだんに施された印象的な外観となっています。 玉川高島屋S・Cは9つもの建物で構成されていますが、その中には、隈研吾氏がデザインした本館のフ...
10.その他

Googleストリートビューで東京・二子玉川の建物内に入れる建築

Googleマップでは、ストリートビューにて現地まで行かなくとも、街並みを見ることが出来る優れものですが、中には建物内に入る事が出来る建築も数多く存在します。 このコロナ禍の中、外出自粛や休業・時短要請が求められたり、臨時休館で入る...
タイトルとURLをコピーしました