西洋建築

02.近代建築

「学士会館」は半沢直樹のロケ地として使われるほどの魅力的な建築

神保町にある西洋風の建物の「学士会館」は、ドラマ「半沢直樹」のロケ地として使われており、厳格で魅力的な建築となっています。内観はいろんな箇所にアールデコ風の装飾が施されており、見どころのある建築です。 学士会館は1928年に建てられ...
04.ドラマの建築

ドラマ「半沢直樹」に出てくる東京中央銀行のロケ地はどんなところ?

東京中央銀行のバンカーである「半沢直樹」が、銀行で行われていた不正を次々と明かにし、相手を「倍返し」していくドラマ内容が人気をはくし、2013年に放送された第1シーズンの最終回が、42.2%という驚異的な視聴率をたたき出しました。そんな半...
03.歴史的建築

「旧亀井邸」は仙台や塩釜に来たら訪れて損はない建築

宮城県の塩釜に建てられた大邸宅の海商の館「旧亀井邸」は、洋館と和館が併置された住宅であり、他に類を見ない極めて貴重な住宅です。 亀井商店(現:カメイ株式会社)の初代社長である、亀井文平氏が1924年に建てました。亀井商店は、日本石油...
01.現代建築

「国際子ども図書館」の建築の特徴を知ると大人も楽しめられる

日本唯一の国立の児童書専門図書館である「国際子ども図書館」は、子供向けの絵本や読み物、知識の本、地理や歴史に関する本が所蔵されており、また調べ物や研究のための資料室もある図書館です。そして、子供の本に関する展示会なども行われています。 ...
01.現代建築

「旧新橋停車場」の威厳のある建物と、鉄道発祥の歴史

新橋のビジネス街に佇む西洋建築の「旧新橋停車場」は、1872年10月14日に開業した日本最初の鉄道ターミナル新橋停車場の駅舎の外観を、当時と同じ位置に再現した建築物です。 この再現された停車場は、無料の鉄道歴史展示室や、レストランな...
02.近代建築

「東京駅丸の内駅舎」の建築の歴史を知れば駅の観光を10倍楽しめる

東京駅の顔であり、今や観光スポットとなっている丸の内駅舎は、1914年に創建されました。 一度、東京大空襲で被害に遭いましたが、その後の戦災復興工事が1945~1947年に行われました。その60年後、創建当時の姿に戻すための保存・復原工事...
04.ドラマの建築

ドラマ「まだ結婚できない男」のロケ地の建築はどんなところ?

阿部寛氏演じる、一級建築士・桑野信介が、地位も収入もあるにも関わらず、その偏屈な性格で53歳にして結婚できないでいる建築家が主人公のドラマ「まだ結婚できない男」。 このドラマに出てくる主な建築である、桑野のマンション、桑野・村上建築...
02.近代建築

「国立西洋美術館」はなぜ世界遺産に登録されたのか

日本を代表する美術館といえば、2016年に世界遺産に登録された「国立西洋美術館」。上野公園にどっしりと構え、灰色の落ち着いた雰囲気を出しており、美術館の正面には数々の銅像が飾られています。 この美術館は、西洋美術に関する作品を貯蔵し...
タイトルとURLをコピーしました