東京・三軒茶屋/池尻大橋の建築巡り6選

01.現代建築

東京都内には非常に数多くの名建築が軒を連ね、駅や地域によって街並みが形成されて特色が出ています。そのため建築好きにとって、東京の街は歩いているだけで楽しくなります。

今回は東急田園都市線の渋谷駅から、2つ隣の三軒茶屋および1つ隣の池尻大橋の周辺にある建築を紹介します。

キャロットタワー

キャロットタワー外観

キャロットタワーは三軒茶屋の駅から直結しており、商業施設やホール施設、行政窓口などが入っているオフィスビルです。その名の通り、外壁は人参色のレンガ調の外壁となっています。この建物名は、世田谷区内の中学生が命名しています。

設計は石本建築事務所Bunkamuraなどの文化施設や、数々のスポーツ施設、教育施設、オフィスなど、多岐にわたり活動している事務所です。

キャロットタワー低層部の複合商業施設

低層部は複合商業施設となっています。内部についても、人参色のレンガがふんだんに使われています。また、最上階となる27階は無料展望室となっており、世田谷の風景が一望出来ます。

住所東京都世田谷区太子堂4-1-1(googleマップで開く
アクセス東急田園都市線 三軒茶屋駅 直結
世田谷線 三軒茶屋駅 直結

キャロットタワーの事をもっと知りたい方は、別記事で紹介していますので是非ご覧下さい。

ブルーボトルコーヒー 三軒茶屋カフェ

ブルーボトルコーヒーの三軒茶屋カフェは、三軒茶屋駅から徒歩3分の位置にあり、道路からは袋小路に入った突き当たりに位置しています。道路側からはカウンターが見え、カウンターを裏に回り込むと客席と庭があります。その他のカフェは客席がすぐに見えますが、三軒茶屋カフェは他とはまた違った位置関係になっています。

設計はスキーマ建築計画。日本国内の全てのブルーボトルコーヒーを手がけており、三軒茶屋カフェは第7号店となります。

もともと住居兼診療所だった築52年の建物をリノベーションしたカフェであり、コンクリートの荒々しさに合わせるように木目がくっきり出ている杉板を使用して、お洒落で味わいある空間が作り出されています。

住所東京都世田谷区三軒茶屋1-33-18(googleマップで開く
アクセス東急田園都市線 三軒茶屋駅 徒歩3分

せたがや がやがや館

せたがや がやがや館の外観

せたがや がやがや館は、運動室や交流室、娯楽室や会議室などがあり高齢者を中心に利用されている複合施設となり、池尻大橋駅から徒歩7分の位置にあります。

設計はRIA東雲キャナルコートCODANの3街区(隈研吾氏と共同設計)などを手がけている会社です。

外壁には落ち着きのある4パターンの色を、ルーバーのようにランダムにデザインされており、落ち着きがありながら動きのある外観となっています。

住所東京都世田谷区池尻2-3-11 3F・4F(googleマップで開く
アクセス東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩7分

ミニSL せたがや公園駅

世田谷公園のミニSL駅

ミニSL せたがや公園駅は、池尻大橋駅から徒歩12分の世田谷公園内にあるレンガ造りの建物であり、SLの駅らしいデザインです。公園内にはミニSLが走る線路が敷かれSLの模型に乗ることが出来るので、子供が楽しめる場所です。

扉や窓などはアーチ型にレンガが組まれ、屋根は茶色の銅板葺きで、フランス積みの茶色いレンガの外壁と合っています。

世田谷公園のSL

世田谷公園の中には、蒸気機関車のD51-272(通称:デゴイチ)が保存されており、一部、機関車の内部の座席も窓越しで鑑賞することができ、当時のそのままの姿で残されています。

住所東京都世田谷区池尻1-5-27(googleマップで開く
アクセス<電車>
 東急世田谷線・田園都市線 三軒茶屋駅 徒歩18分
 東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩18分
<バス>
 渋谷駅から東急バス(多摩川駅・東京医療センター行) 自衛隊中央病院入口 下車すぐ

ミニSL せたがや公園駅および世田谷公園の事をもっと知りたい方は、別記事で紹介していますので是非ご覧下さい。

目黒天空庭園

目黒天空庭園の周辺の外壁
目黒天空庭園の四季の庭

首都高速道路の大橋ジャンクションの上に作られた目黒天空庭園は、国内初のジャンクション屋上の公園となり、公園の下を車が走っているとは思えないような場所となっています。

設計は創建。目黒区と首都高速道路が連携して整備された公園であり、これまでにグッドデザイン賞や、都市公園コンクールの国土交通大臣賞など、様々な賞を獲得した環境に良い公園となっています。

目黒天空庭園の建築模型

ジャンクションをコンクリートの壁で囲って、その上に庭園が作られている形になります。ローマのコロッセオを意識したデザインで、庭園の周囲は約400m、幅は16~24m、高さは最高地点で35mあり、最低地点との高低差は24mほどあります。

住所目黒天空庭園:東京都目黒区大橋1-9-2
オーパス夢広場:東京都目黒区大橋1-9-4
googleマップで開く
アクセス東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩3分

目黒天空庭園の事をもっと知りたい方は、別記事で紹介していますので是非ご覧下さい。

スターバックス リザーブ ロースタリー東京

スターバックスリザーブロースタリー東京の外観

店舗内にて珈琲豆を焙煎するスターバックス リザーブ ロースタリー東京は、コーヒー好きにはたまらない居心地の良いところであり、池尻大橋駅から徒歩14分の位置にあります。(中目黒駅からも徒歩14分で行けます。)

内装デザインはリズ・ミューラー氏。スターバックスのチーフデザインオフィサー(デザインの最高責任者)です。外観デザインは隈研吾氏。新国立競技場や高輪ゲートウェイ駅を手がけた建築家です。

スターバックスリザーブロースタリー東京の店内にある巨大な銅製のキャスク

店に入ると、中心には巨大な銅製の設備が設置されています。高さ17m直径4.6mにもなる焙煎設備が内蔵されたキャスクとなります。

また、天井は三角形の木製パネルをつなぎ合わせた、折り紙をモチーフにしたデザインです。巨大な開口部から入ってきた光が天井に反射し、トップライトと共に店内全体を程よい光で穏やかに照らします。

スターバックスリザーブロースタリー東京のテラス席

外の風景を眺めながらコーヒーを楽しむ事が出来るように、各階にはテラスが設けられ、目の前に流れる目黒川と桜並木、そして代官山の街並みや、遠くには渋谷や六本木などの都市の風景が見えます。春になると目黒川沿いに咲く桜が満開になり、より一層景色が楽しめられます。

住所東京都目黒区青葉台2-19-23(googleマップで開く
アクセス東急東横線 中目黒駅 徒歩14分
東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩14分

スターバックス リザーブ ロースタリー東京の事をもっと知りたい方は、別記事で紹介していますので是非ご覧下さい。


参考元:

三軒茶屋カフェ – BLUE BOTTLE COFFEE
三軒茶屋の築52年の診療所が〈ブルーボトルコーヒー〉に!|カーサ ブルータス Casa BRUTUS
せたがや がやがや館
世田谷区 池尻複合施設|株式会社アール・アイ・エー

タイトルとURLをコピーしました