「あざみ野ガーデンズ」は自然風景と調和した施設

01.現代建築

横浜市青葉区のあざみ野にある「あざみ野ガーデンズ」は複数の商業施設やスポーツ施設が建ち、どの建物も周辺の自然環境と調和しています。

とくに注目していただきたいのが、レストラン・100本のスプーンに併設されている「みんなの公園」で、公園の設計は25名の子供たち。建築家・岡野道子氏と一緒にワークショップという形で、子供たちがアイデアを出しながら作った公園となります。岡野道子氏は、過去に伊東豊雄建築設計事務所に所属していた建築家です。

今回はそんな、あざみ野ガーデンズの建築を紹介します。

100本のスプーンに併設された「みんなの公園」

あざみ野ガーデンズの100本のスプーン

25名の子供たちが、建築家・岡野道子氏と一緒に、100本のスプーンの隣にみんなの公園を作るプロジェクトが、2018年11月から実施されました。プロジェクトはかんがえる編つくる編あそぶ編の3フェーズに分かれて行われ、子供たちが様々なアイデアを出しながら、公園が設計されました。

公園に置きたい遊具や、公園の地図、畑を作って取れた野菜をレストランで料理してもらう等、様々なアイデアが子供たちから生まれており、このプロジェクトを通して、自分の頭で考える力と、考えた事を実行する力が育まれながら、子供たちの夢が詰まった公園が出来上がっています。

また、つくり続ける公園がコンセプトとなっており、公園が完成した後も、新しいアイデアによって変化し続けていく公園となっています。

あざみ野ガーデンズの100本のスプーンのみんなの公園マップ

こちらは、子供たちのアイデアによって作られた公園の看板です。何処にどんな遊具があるのか、ワクワクしながら公園に入って行けるようになっています。

あざみ野ガーデンズの100本のスプーンのみんなの公園

公園には緑いっぱいの丘があり、傾斜になっているため、変化のある楽しげな感じに仕上がっています。

あざみ野ガーデンズの100本のスプーンのみんなの公園

こちらはひょうたん池。蛇口から水が出て、ひょうたんに水が溜まっていくと反対側から水が流れていくようになっています。子供が上に登ってはしゃいでいても、滑らないように表面がザラザラしています。

あざみ野ガーデンズの100本のスプーンのみんなの公園

こちらはすべり台。職人が3日間、2~4人がかりで内部をツルツルに磨き上げ、気持ちよくすべられるように仕上げています。また、すべり台の上部にはアーチ状に安全バーが付いており、子供たちが自然に座って滑るように設計されています。

すべり台の延長線上には楽しい食卓があります。テーブルとイスがあり、ここでも食事が出来るようになっています。傾斜に合わせてイスの高さを変えていたり、すべり台の一部をベンチにしたりと、楽しげな工夫が施されています。

あざみ野ガーデンズの100本のスプーンのみんなの公園

こちらはひみつの小屋。丘の中腹に建っており、公園を一望出来ます。中部に梁を付けており、下からくぐって入ったり、上側から梁に座ったりと、様々な遊び方が出来る小屋となっています。

あざみ野ガーデンズの100本のスプーンのみんなの公園

こちらの地面から出ているラッパみたいな物は、もしもしパイプ。公園内に4ヶ所設置されており、声を通すと離れた別のパイプから聞こえるようになっています。

あざみ野ガーデンズの100本のスプーンのみんなの公園

レストラン・100本のスプーンの隣にはがあります。ここで作られた野菜は100本のスプーンにて収穫され、料理に使われます。

レストラン内部は広々としており、ベビーカーごと入れるほど余裕があります。また、座席部分は木質空間となっており、大空間の中には巨大でオシャレな照明が吊り下がっています。レストランの一角には100本の絵本に囲まれるコドモの社交場があります。

あざみ野ガーデンズの100本のスプーンのみんなの公園

レストランの公園側には開放的なテラス席があり、公園で遊ぶ子供を見守りながら、ワンちゃんと一緒に食事を楽しめられます。

当初、大人だけで公園の設計を進めていたそうですが、それでは普通の公園が出来るだけということで、子供たちも成長出来る公園を作るべく、子供たちみんなが公園を作るプロジェクトが発足されました。

建築家の仕事と同じように、公園の模型を作成したり、メジャーを用いて敷地調査をしたり、問題がないかチェックする竣工検査をしたりと、子供たちが貴重な経験を重ねることで、いろんな事を考える力を身につける。そんなプロジェクトとなっています。

他にも自然風景と調和した施設あり

100本のスプーンや、みんなの公園の他にも、周辺の自然と調和した建築がいくつかありますので、併せて紹介します。

あざみ野ガーデンズのテラス棟

こちらはテラス棟。2013年9月に竣工された地上1階の鉄骨造の建物です。スーパーや飲食店などが入っている、あざみ野ガーデンズの中心的な施設となっています。

あざみ野ガーデンズの周辺は、並木道や中低層の住宅が点在する場所となっています。そのため、建物の高さが抑えられ、建設前の里山風景を垣間見ながら散歩出来るよう設計されています。

あざみ野ガーデンズのユニディ

こちらはホームセンターのユニディ。2013年8月に竣工された地上1階(塔屋部は2階)の建物です。

ガーデニングなどの生活用品を取り扱っている店舗に相応しい外壁の色合いとなっており、彩度を押さえたアースカラーとなっており、周囲の緑と調和するようデザインされています。アースカラーとは、土や砂、草や木など、地球上の自然を表した色です。

また、ベビーカーと一緒に入れるトイレや、車椅子トイレなどの設備機能も充実しており、安心して買い物が出来るホームセンターです。

あざみ野ガーデンズのコメダ和喫茶おかげ庵

こちらはコメダ和喫茶(なごみきっさ) おかげ庵です。コメダ珈琲の和カフェバージョンとなっており、和風のメニューが充実しています。

外観も内部も和風デザインが施されており、普通のコメダ珈琲とはまた違った雰囲気となっています。

あざみ野ガーデンズのゴルフガーデン

こちらはあざみ野ゴルフガーデン。西洋の邸宅のような外観となっており、1階部分の石レンガや、エントランスの庇を支えている石造の柱、2階部分の幾何学模様のデザインが、紳士のスポーツの施設に相応しい落ち着いた雰囲気の建物となっています。

あざみ野ガーデンズは、自然風景が豊かな環境の中で、ショッピングやスポーツが出来る場所となっています。足を運んだ際には、是非とも自然風景も楽しんでいただければと思います。

ご利用案内・アクセス

営業時間店舗により異なります。
休業日店舗により異なります。
住所神奈川県横浜市青葉区大場町704-11
アクセス<電車>
 東急田園都市線 あざみ野駅 徒歩22分
<バス>
 あざみ野駅からバス(すすき野団地 または 虹ヶ丘営業所 行) あざみ野ガーデンズ 下車徒歩1分
 たまプラーザ駅からバス(あざみ野ガーデンズ 行) あざみ野ガーデンズ 下車徒歩1分
 新百合ヶ丘駅からバス(あざみ野駅 行) あざみ野ガーデンズ 下車徒歩1分


参考元:

あざみ野ガーデンズ 公式サイト
【公式】100本のスプーン AZAMINO GARDENS(あざみ野) | 100本のスプーン
ユニディあざみ野ガーデンズ – AA&SUN | 株式会社 エーエーアンドサン 一級建築士事務所
東急設計コンサルタント|Tokyu Architects & Engineers INC.
待望の関東進出!コメダ珈琲の別業態「コメダ和喫茶 おかげ庵」 | icotto(イコット)

タイトルとURLをコピーしました