フランク・ロイド・ライトの建築「タリアセン・ウエスト」を3Dバーチャル体験

スポンサーリンク
2.歴史的建築物の観光

1937年にアリゾナ州スコッツデールに造られた「タリアセン・ウエスト」は、フランク・ロイド・ライトの自邸でありスタジオであり、建築学校のキャンパスとして使われていました。

フランク・ロイド・ライトといえば、グッゲンハイム美術館や帝国ホテル、落水荘などで有名な世界的建築家です。

ウィスコンシン州スプリング・グリーンにも、同様の施設のタリアセンが存在するのですが、こちらの建物と共に、アメリカの歴史的建造物に指定されました。

そんな「タリアセン・ウエスト」が3Dバーチャル体験出来るサイトがあり、ここではバーチャル体験を元に紹介していきます。

スポンサーリンク

タリアセン・ウエストはどんな建築?

この建物は、アリゾナ州の砂漠地帯の中に立てられ、自然と調和した有機的建築です。
有機的建築とは、自然環境と調和し、均衡が保たれるように造られた建築になります。

ちなみにタリアセンとは、ライトが弟子たちと共に建設した設計工房および教育施設、そして共同生活のための建築であり、「タリアセン・フェローシップ」という建築塾として運営しています。

このタリアセン・ウエストの増改築は、タリアセン・フェローシップによってなされています。

もともとウィスコンシン州にもタリアセンが存在していましたが、厳しい寒さを逃れるために、冬の別荘として温暖なアリゾナ州にタリアセン・ウエストを建設しました。
タリアセン・ウエストが出来た後、ライトは弟子たちを率いて、ウィスコンシン州とアリゾナ州を行き来していましたが、その距離なんと2,700㎞。車で27時間かかる距離になります。

1937年の建設以来、現在でも世界中から建築学生が集まり、教育および共同生活が行われています。

スポンサーリンク

バーチャル体験でどこまで鑑賞出来るのか

前述でもいくつか画像を掲載しましたが、バーチャル体験でどこまで鑑賞出来るのか紹介していきます。

大学のようにいくつか建物が分かれていますが、まずこちらは講義を行う集会所およびシアターホールになります。手前の噴水が、まるで砂漠のオアシスのようです。

こちらが内装です。ライトの建築は低い天井が特徴です。

このように、壁のデザインや観葉植物、飾り物が細かく見られるのは嬉しいですね。
壁は大きな岩を用いて、自然環境と調和したデザインとなっています。

こちらはシアターホールの入口。入ると洞窟のような空間の中に、仏像が待ち構えています。

ライトは趣味として、日本や中国などの東洋のデザインを所々に施しています。

シアターホール内部はこのように電灯をオシャレに装飾しています。きっとここではパーティーなどが行われていた事でしょう。

同じ建屋にはもう一つホールがあります。

ここでは舞台などが行われる所でしょうか。ステージjのカーテンがそんな感じです。
こちらのホールは広々とした感じがします。

続いては設計工房です。

導かれるように鉄骨のアーチが並ぶ通路があり、その横が設計工房オフィスとなります。

ここは本当に仕事場といった感じですね。製図台や模型がたくさん置かれています。
拡大すると、紙に書いた内容まで見えてしまいます。

タリアセン・ウエストはクライアントを招待する場所であると共に、仕事をする場所でもある事がよく分かります。

オフィスから更に奥に入っていくと、キッチンおよびダイニングがあります。

ダイニングにはオルガンが置いてあり、演奏を聴きながら優雅に食事が出来そうです。

ダイニングにはこのように大人数で食事出来る場所もあります。ミーティングとしても使われていそうな雰囲気ですね。
奥の暖炉や、天井の幾何学模様の装飾が、暖かみを感じます。ライトの建築は、幾何学模様を要所に取り入れてるのが特徴となります。

ダイニングから庭にすぐ出られるようになっており、食事後は庭で散歩するのも良さそうです。

庭にはこのような池があり、芝生と共に砂漠のオアシスとなっています。

続いてはリビングです。

リビングも低い天井に暖炉と、自然と調和した雰囲気です。

日本の装飾品も多く見受けられ、ここには屏風が飾られていました。そして屏風にはタリアセン・ウエストの間取りが描かれています。

リビングの別室です。左手には大きな日本がが飾られています。ライトは日本の文化を相当愛していたのですね。

リビングの裏のプールです。石垣に囲まれたような雰囲気で、涼しげです。

続いては書斎に行きます。

書斎は広々としており、目の前に庭があるので、心地よい風を受けながら、読書や仕事に集中出来そうです。

続いてはバスルームです。

ここだけは現代的なデザインで、その他の自然なデザインとはギャップがありました。

タリアセン・ウエストはもともと、谷を見下ろすデザインが計画されていましたが、谷に電線が作られたため、山を見上げるデザインとなりました。

ライトは建物を設計する際、有機的建築を理念においていました。この有機的建築というフランク・ロイド・ライトの思想は、現在も次の世代へ継承されています。

スポンサーリンク

バーチャル体験するにはココからアクセス

3Dバーチャル体験は、以下のページで行う事が出来ます。Googleストリートビューのような感覚で楽しめます。
3D Laboratory | Frank Lloyd Wright Foundation

まるで、その場にいるかのような感覚になり、ここで紹介した所以外も見どころがあります。
個性的な装飾、そして日本的な装飾が施された箇所がたくさんあるため、それを探してみるのも面白いです。

スポンサーリンク

開館時間・住所

開館時間8:30~18:00
住所12621 N Frank Lloyd Wright Blvd, Scottsdale, AZ 85259


参考元:

ELLE|世界の最新トレンドを発信[エル・オンライン]
Frank Lloyd Wright Foundation
casa – ハッシュカーサ | 暮らしとデザイン
Petite New York – ニューヨーク 旅行・観光・グルメブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました