「渋谷スクランブルスクエア」の建築は屋上のSHIBUYA SKYが見どころ

01.現代建築

渋谷駅周辺の再開発事業として、2019年11月1日に開業した超高層ビルの「渋谷スクランブルスクエア」は、渋谷駅と直結している交通や街とつながった複合施設であり、とくに屋上展望施設のSHIBUYA SKYが見どころとなっています。

地下2階~地上14階は、200店舗以上が入っている合計面積約32,000㎡の商業施設。15階は、SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)と呼ばれる産業交流施設。17~45階は、貸床⾯積約73,000㎡のサイバーエージェントやミクシィなどの大企業が入っているオフィス。45~46階は、展望施設のSHIBUYA SKYというフロア構成となっています。

引用:NIKKEN SEKKEI LTD | EXPERIENCE, INTEGRATED | © NIKKEN SEKKEI LTD

渋谷スクランブルスクエアのプロジェクトは2期に分かれており、第1期はSHIBUYA SKYがある東棟が2019年に完成しており、第2期は中央棟と西棟が2027年に完成予定となっています。デザインアーキテクトは、東棟は日建設計隈研吾建築都市設計事務所、中央棟と西棟はSANAA事務所が手がけています。

今回はそんな渋谷スクランブルスクエアの建築を紹介します。

ビル外観

渋谷スクランブルスクエア東棟外観

渋谷スクランブルスクエアの東棟は、地上47階建て、高さ約230mあり、渋谷の街のシンボルとなっています。

複雑な渋谷駅を解消するために、アーバン・コアと呼ばれる地下2階から地上3階まで縦導線をスムーズにする空間を整備し、公共交通機関と商業施設を直結して利便性を高めています。

渋谷スクランブルスクエア低層部外観

こちらは低層部の外観。この中にアーバン・コアが収められています。うねって流れるような有機的なデザインになっています。

渋谷スクランブルスクエア低層部外観の模型

こちらは低層部外観の模型です。この低層部は隈研吾建築都市設計事務所がデザインしています。(模型は東京ステーションギャラリーで開催されていた「くまのもの展」の展示品。)

渋谷スクランブルスクエア低層部のアルミマリオンのモックアップ

うねって流れる曲線を形成していた、カーテンウォールのアルミのマリオン(縦枠材)のモックアップです。(こちらも「くまのもの展」の展示品。)奥行を250mm・400mm・550mmの3パターン作り、3次元的な流れを感じられるようにしています。

渋谷スクランブルスクエア東棟外観

うねる曲線の反対側の様子。こちらは、細かいアルミルーバーが施されており、遠目で見ると有機的な模様になっています。

高層部は日建設計がデザインしています。周辺は中層ビルが建ち並んでいるため、そのスケール感に合わせるように縦スリットをランダムに入れて、ガラスカーテンウォールを分節させています。また、縦スリットは換気設備も兼ねています。

渋谷スクランブルスクエア東棟外観夜景

夜になるとまた違った表情を見せます。角の部分がライトアップされ、各フロアの光と相まって夜景を作り出しています。

渋谷スクランブルスクエア東棟外観夜景

ハチ公・スクランブル交差点から見た様子です。低層部の曲線マリオン上部から、空に向かって縦線の光が広がっています。これは、ふもとの渋谷の街のエネルギーを、垂直に延びる超高層に繋ぎ合わせて放出するイメージでデザインされています。

SHIBUYA SKY

SKY GATE(エレベーター)

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYのエレベーター天井

SHIBUYA SKYは、14階~45階の移行空間であるSKY GATE、屋外展望空間のSKY STAGE、屋内展望回廊のSKY GALLERYで構成されています。上画像は、SKY GATEのエレベーターの天井に表示されるデジタル動画であり、エレベーター上昇に伴って上昇するアニメーションがパフォーマンスされるので、屋上展望への期待感が高まります。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYのエレベーター天井

SKY STAGE(屋上)

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上からの景色

SKY GATEのエレベーターを上がると、地上約230mの屋外展望空間であるSKY STAGEの風景が広がります。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上へのエスカレーター

最上階の展望空間には、エスカレーターおよび階段で上っていきます。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上へのエスカレーター

エスカレーターはガラス張りに面しているので、広大な風景を感じながら上昇していきます。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にあるヘリポート

SKY STAGEの風景です。中央にはピラミッド型の木質的な階段があり、登った先はヘリポートになっています。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上(SKY STAGE)のフロアマップ

SKY STAGEの平面図。展望空間の面積としては日本最大級の約2,500㎡を有しています。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上

コーナー部分は、床が徐々に白くなっていくデザインなので、上空の爽快感をより感じられます。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にあるソファーとテーブル

ソファやテーブルが置いてあるスペースがあり、座ってくつろぎながら外の風景を眺められます。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上からの景色

渋谷スクランブルスクエアから見た渋谷ストリーム。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にあるテーブル
渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にあるカウンター

メタリックなカウンターキッチンのようなものがありました。イベント時などはドリンクを飲みながら景色を楽しむ事が出来るのではないかと思います。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にあるヘリポート

屋上のヘリポートを歩ける超高層ビルは滅多にありません。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にある待避所
渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にある待避所

ヘリが来た時の待避場所が用意されています。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にあるロゴオブジェ

渋谷スクランブルスクエアのロゴオブジェ。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にあるクラウドハンモック

こちらはクラウドハンモック。寝ながら空を眺めることが出来ます。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にあるエレベーター

エレベーターのガラスの下部デザインが雰囲気に合っています。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上からの景色
渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にある設備

設備空間にはライトや太陽光発電システムなどがあります。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋上にある展望コンパス

こちらは展望コンパス。世界地図が描かれており、どの方面にどの国があるかといった地球スケールで展望が出来ます。

SKY GALLERY(46階屋内展望)

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋内展望回廊入口

屋外展望のSKY STAGEの1フロア下、46階には屋内展望回廊のSKY GALLERYがあります。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋内展望回廊フロアマップ

SKY GALLERYの平面図。この中にはRhizomatiksによるデジタルコンテンツがいくつかあります。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋内展望回廊にある時空の川

こちらは時空の川。時の流れを表しています。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋内展望回廊

壁・床・天井は黒で覆われており、より外の風景が映えます。通路の途中にある柱がミラー張りになっているので、広々とした空間になっています。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋内展望回廊から見た風景

コーナー部分から見た風景。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋内展望回廊にあるサイン

柱にはどんなランドマークが見えるかのサインがあります。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋内展望回廊にあるデータの景色

こちらはデータの景色。人口や交通量など様々なデータによって景色を生み出しています。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋内展望回廊にある視点の窓

こちらは視点の窓。様々な時間帯の景色が映し出されます。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋内展望回廊にあるミュージック・バー

こちらはミュージック・バー。世界的なインテリアデザイナーのトム・ディクソンのチームが手がけており、モダンでオシャレな空間です。眺望とともに音楽や飲食が楽しめられる場所です。

渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋内展望回廊にあるミュージック・バーの照明
渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYの屋内展望回廊にあるミュージック・バー

照明や家具などが落ち着きのあるデザインであり、室内展望空間の雰囲気とマッチしています。

渋谷スクランブルスクエアは、たくさんの人々が行き交う渋谷駅の直上で困難な工事を乗り越え、2019年に第1期の東棟が完成しました。2027年には線路をまたいで第2期の中央棟・西棟が開業される予定です。渋谷の街は急激に変貌し続けており、今後の展開が楽しみです。

建築概要

設計建築設計:渋谷駅周辺整備計画共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、JR東日本建築設計、メトロ開発)
デザインアーキテクト:<第1期>日建設計、隈研吾建築都市設計事務所 <第2期>SANAA事務所 
施工渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設・大成建設)
敷地面積15,275.55㎡
建築面積18,216.49㎡
延床面積約181,000㎡
高さ229.70m
階数地上47階、地下7階
構造鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
工期2014年6月〜2019年8月

SHIBUYA SKYのご利用案内・アクセス

チケット料金

大人(18歳以上)中・高校生小学生幼児(3~5歳)2歳以下
WEBチケット1,800円1,400円900円500円無料
当日窓口チケット2,000円1,600円1,000円600円無料
WEBチケット
(障がい者料金)
900円700円450円250円無料
当日窓口チケット
(障がい者料金)
1,000円800円500円300円無料

営業時間

開館時間10:00~20:00(入館は19:00まで)
休館日無休

アクセス

住所東京都渋谷区渋谷2-24-12
アクセス各線 渋谷駅 直結

※2021年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトでご確認下さい。


参考元:

SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE 公式サイト
渋谷スクランブルスクエア – japan-architects.com
渋谷スクランブルスクエア | 日建設計コンストラクション・マネジメント
NIKKEN SEKKEI LTD | EXPERIENCE, INTEGRATED

タイトルとURLをコピーしました